はじめまして

更年期の記録としてブログを始めることにしました。

自分の体が、こんなに劇的な変化をするとは思っていませんでしたが

ずっと付き合ってきた生理とのお別れも間近、

やはり簡単には済まないのだな、と思っていた矢先に

子宮筋腫が数個見つかり、治療を開始しました。

 

子宮筋腫珍しい病気ではありません

ですが、できたところが悪かったり、大きかったりすると

出血が止まらなかったり激しい生理痛が起こることもあります。

このブログでは、治療の過程をできるだけわかりやすく

記録していこうと思います。

 

**************************************************************************************

若い頃から特に生理に悩まされたことはなかったのですが、

47歳になってから、急に変化が起こりました。

生理開始予定日の1週間くらい前から少量の出血(茶褐色のおりもので下着が汚れる)

その後(予定日)に大量の出血(多い日用のタンポンが2時間で溢れるくらい)が

四日ほど続き、量が落ち着いてくると

だらだらとした出血が1週間、長い時は2週間、続くようになりました。

 

それまでの生理は、蛇口をひねるように始まって

蛇口をひねるように終わっていたのです。

だから生理用品は、昼の多い日用ナプキンと多い日用タンポンだけだったのですが

今ではナプキンだけでも、「普通の日用」「多い日用」「夜用」と合わせて、

普段いつくるかわからないから、常に「軽い日用」を使用するようになりました。

1ヶ月のうち約3週間は出血している事になります。

 

当然、あっという間に貧血に。

 

食事でどうにかできるようなレベルではなくなった時

最大の出血が起こり、怖くなって婦人科を受診しました。

エコーで診てもらったところ、直径5センチくらいの子宮筋腫が5個

そのほかにも小さい筋腫が何個もあることが分かりました。

 

とりあえず中容量ピル(プラノバール)を10日間飲み

出血を一旦止めてから正常な生理周期に戻しました。

 

それから5ヶ月は正常な生理周期に戻り

貧血も改善されたかに見えたのですが、

子宮筋腫はその間、大きく成長を続けていたのです…

 

<続く>