Photo by Rye Jessen on Unsplash

 

 

久しぶりに

罪悪感ってことについて

書いてみようかな・・

 

 

最近僕の中では

罪悪感っていつの間にか

 

 

 

うすーーーく

なってるなあと思ってます

 

 

どうしてそう

なってきたのかを

ちょっと自分なりの分析で

書いてみますね

 

 

 

僕はずっと

罪悪感をリセットする

っていうテーマで

このブログの記事も

書いてきたりしてたけど

 

 

気がついたことがあって

 

 

 

それは

 

 

 

罪悪感をなくせば

幸せになれるんじゃない

ってこと・・

 

 

 

うわー

こんなこといったら

身もふたもないけど

 

 

 

でも本当なんだよね

 

 

 

確かに罪悪感っていう

その感覚があると

 

 

 

正しさっていうことが

人として認めてもらうために

すごく大事なことになり

 

 

 

それはそれで

それがすごく重要だと

されてきた時代もあった

 

 

 

でもその重要さっていうのは

上の人間が下の人間を

コントロールするための

ルール(法律や道徳など)として

使われてきたもので・・

 

 

 

だから罪悪感と恐怖ってのが

セットになってたわけ・・

 

 

 

そしてその罪悪感が

 

ルールを守る人

規律を守る人

正しい人

いい人

言いつけを守る人

悪いを排除する人

いい子

反抗しない人

悪い意味で素直な人

疑問を持たない人

 

 

っていう

いわば「でくの坊」を

生み出す原因になってた

 

 

でくの坊ってのは

自分がないままに

人の言うことをただ

無意識にきいてしまう人

 

 

っていう意味だけど

 

 

そして罪悪感って

後付の知識と経験なわけ

 

 

 

親が悪いと思ったことを

やった子供を叩く

 

 

これを経験した子供は

悪い(親の基準)をしたら

恐怖(叩かれる)が起きる

 

 

 

って教え込まれるわけ

そしてそれが社会や人間関係の

あらゆるところに

浸透していく・・

 

 

その恐怖が強い人ほど

でくの坊の出来上がり

 

 

 

あー僕なんか

まさしくでくの坊そのままだったな(^^ゞ

 

 

 

だから罪悪感を生み出すって

すっごくカンタンなのよ

 

 

 

そしてね

その罪悪感がなくなれば

つまり罪悪感がリセットされれば

 

 

 

自由になる・・と

思ってた・・

 

 

 

でもさ

もっとその先の

大事なことに

気がついちゃったわけ・・

 

 

 

それはね

 

 

 

未来を知りたい

未来を確定したい

現実をコントロールしたい

 

 

っていう「思考の欲求」が

そのままだと・・

 

 

 

罪悪感をリセットしたと

思えたとしても

 

 

 

また問題が生まれたら

また罪悪感を探し

それをリセットして

 

 

 

未来を悪いものにしないように

現実をコントロールできるように

しないといけないっていう

キリのない思考の泥沼に落ちていく

ってわけね・・

 

 

 

でもさ

問題って思えることが

どうして生まれるかって言えば

 

 

 

それは

思うように

コントロールできてない

っていう「考えと判断」が

それを生み出すわけで

 

 

 

ということは

うまくいかない原因が

自分の中の罪悪感だってなっても

 

 

 

それはまだ

未来を知り確定したい

現実をコントロールしたい

っていう

 

 

そもそも問題を生む

思考の欲求からは抜けられない

 

 

 

そして僕は

それに気がついてから

 

 

 

自分の中で自分の思考に

興味を持ってみたわけ

 

 

 

興味を持って

自分の思考を観察して

自分の思考と対話してみるわけ

 

 

 

するとね

どんだけ

コントロールできてないことに

恐れがあるのかがわかってきて

 

 

 

でもその恐れが

ただの「思考の自動反応」だとわかり

自動反応だから意味も価値もないと

わかってくると

 

 

 

未来を知り確定したい

現実をコントロールしたい

っていうのがどんどん

薄くなっていくのね・・

 

 

 

するとさ

ふっと気がつくと

あんなにリセットしたかった

罪悪感も同時に薄れている

 

 

 

すごく楽になっているわけ

 

 

 

そっか

罪悪感をリセットする

っていうのはつまり

 

 

 

未来を知り確定したい

現実をコントロールしたい

そうしないとやばいぞっ!!

 

 

 

っていう「思い」に

意味も価値もないとわかり

諦めていくことなんだ

 

 

なんて気づき始めています!!

 

 

 

なので僕自身

最近は罪悪感って言葉を

あまり使わなくなったんだけど

 

 

この罪悪感は

劣等感や無価値感も一緒で

すべてはこの

 

 

未来と現実は

コントロールできるはず

っていう「勘違い」から

生まれている・・

 

 

 

だから「思考の欲求」を

諦めていくことと

 

 

 

思考君には

いままでよくぞがんばってきてくれた

ご苦労さま

もう引退してもいいよ

なんて語りかけをしてみてて

 

 

すると

 

 

あー

いままで

しんどかったよ

 

 

なんていう思考の気持ちが

わかったりもしてね

 

 

 

自分の思考に興味を持って

対話してみるっての

なかなかいいかもしれないですね(^^)

 

 

 

 

 

 

世界一シンプルで軽い

マインドスタイルを育てる

シアンメソッド

 

 

藍色シアンでした!!

 

 

お知らせ

 

悩んでいる人を一人にしない

藍色シアンのシンクロオープンカウンセリング

(基本無料:お気持ち制)

★ 2018年9月16日(日):東京 田園調布

>>詳細と申込はこちら

 

 

★ 藍色シアンの無料公式メールレター

世界一シンプルで軽いマインドスタイル

シアンメソッド

>>無料の登録はこちらから