思考がふっと

止む時がある

 

 

すると

 

 

心は無限に

自分に優しいことに

気づけるんだ

 

 

思考は常に

どこか

いまを否定して

いまを危ないと信じて

動いている

 

 

だから

 

 

思考をしていて

安心はないのかもね

 

 

思考が止まっている時に

感じる「無限の優しさ」

 

 

これをずっと

欲しがっていたのかも知れない

 

 

思考には

今がない

 

 

記憶という過去と

推測という未来しかない

 

 

その意味で

思考は本当ではない

 

 

思考が「主」であると

信じていると

 

 

狭い思考の世界に

自分を閉じ込めることになる

 

 

思考が止んだ時に

感じる広々とした空間

 

 

その空間に感じる

無限の優しさ

 

 

それを思考に

フィードバックしてあげる

 

 

主はその空間であって

思考は主ではないということ

 

 

思考という雑音が

止んだ時にある

 

 

静寂という

無限の優しさ

 

 

これを主として

生きていきたいものだなあ

 

不死鳥の心理学

藍色シアンでした

 

 

 

不死鳥の心理学について

恐れの思考や幸せの選択の方法

復活するための思考など

掘り下げてメールをお届けしています。

無料です、いらなくなったら

いつでも解除OKです!!

▶ 不死鳥の心理学 無料公式メールレター

 

 

お知らせ

 

悩んでいる人を独りにしない・シンクロで悩みを解決

4月29日 東京 田園調布

▶ 藍色シアン シンクロオープンカウンセリング

 

個別に悩みの解決・心の復活・願望達成の相談が欲しい方。

▶ 不死鳥の心理学 個人セッション(東京対面・オンライン)