四谷大塚教材と通塾 | 個性派学習塾 愛岐ゼミより

個性派学習塾 愛岐ゼミより

岐阜市 可児市 犬山市 岩倉市 の学習塾「愛岐ゼミ」を運営しています。
少人数指導・個別指導の学習塾・進学塾です。
塾の経営や指導で感じたことを率直に書いていきたいと思います。

以前書いていた記事を修正しました。

 

四谷大塚教材は改訂され、

映像授業のコンテンツも

予習ナビが季節講習までをカバーし

進学くらぶがとても充実しています。

さらに自宅で週テストまで受けられるのでは、

通塾のメリットは

どんどんなくなっていくように思われます。

愛岐ゼミでの四谷大塚教材の活用法も

変化せざるを得なくなっています。

 

新たに開校する藤が丘教室では、

通塾回数を少なめにして

例えば進学くらぶ会員とか

主に自宅で学習を進めるお子様に対して

必要なフォローをするコースをメインにします。

そういう運用は

既に岐阜教室でも行っていますし、

今後は他の教室でも運用を広げて

新しい中学受験のあり方を

世に問いたいと思います。

 

基礎学力が低い地域では

長時間塾で預かって

基本練習や学習習慣から

しっかりとフォローしてほしい

というニーズが高いようです。

そういう地域の教室は

通い放題のコースが好評です。

しかし、日々の学習に支障がないなら、

通塾は必要な範囲にとどめたい

という方も少なくありません。

進学くらぶを利用されているお子様を

必要な範囲でフォローするというのは、

時代のニーズに合っていると思いますし、

これからどんどん広がっていくと

私は考えています。

塾のシステムは

売らんがための仕掛けがとても多いのです。

そのカラクリを見破られた塾は

今後は成功しないでしょう。

 

四谷大塚の教科書「予習シリーズ」は

ご家庭でも学習が進められるよう

幅広い内容の説明と

レベル分けした問題を収録し

中学受験の学習の基本書として

多くの方に活用されています。

進学くらぶに力を入れるためでしょうか

新しい予習シリーズは

塾としては「余分」と思うような

丁寧な説明まで加えられ

もはや塾は必要ないような気もしてきます。

予習シリーズをきちんと学習できれば、

小規模塾からでも3人に1人くらいは

コンスタントに偏差値60の中学に

合格できると思います。


四谷大塚教材の活用法は様々ですが、

いくら偏差値60を目指せる教材でも

基礎学力ができていない子に与えるには

かなり無理があります。

柔軟に活用できないと大変だというのは

どの教材でも変わらないでしょう。

レベル分けした問題を収録し

週テストもレベル分けして行われるため

過去問題集を活用すると、

その子の目標と学力に合わせて

無理なく無駄なく学習が進められます。

 

自宅メインの学習において、

必要なフォローとは何でしょう。

独力でできる範囲を自宅で学んだとして

できないところだけのフォローをするとか。

理解の状態や学力をチェックし、

入試対策や定期的な学習相談など、

あと僅かなところに

とても重大な「不足」があります。

しかし、それが克服できれば、

地方の受験には十分対応できるでしょう。

個々の状況に合わせて

良い見立てができる講師がフォローすれば

通塾の負担なく、志望校に合格できるはずです。

 

通塾回数を減らして、

自宅学習のフォローを行うような指導は

大手塾さんでは無理でしょう。

教材は常に「汎用性」を考慮しています。

そして、どの部分を補えばよいのか、

個々に対応するのは、

大人数相手では無理だからです。

私たちくらいの規模の塾の方が

生徒との距離が近いという利点を生かし

一人ひとりに合った指導ができれば

より有利な学習ができると思っています。

 

小規模塾は長所選び

大手塾は欠点の吟味

結果を重視するのか

わが子のあった子育てをするのか

塾選びはたいへんです。

それならば、

思い切って自宅学習メインで進めるのも

良いかもしれません。

学習が進んでいくのなら、

我が子の特徴を良く判断してから

適した塾に入れれば良いのですから。