小規模塾でオンライン指導を行う その4 | 個性派学習塾 愛岐ゼミより

個性派学習塾 愛岐ゼミより

岐阜市 可児市 犬山市 岩倉市 の学習塾「愛岐ゼミ」を運営しています。
少人数指導・個別指導の学習塾・進学塾です。
塾の経営や指導で感じたことを率直に書いていきたいと思います。

小規模塾が

オンライン指導で勝ち抜くために

小規模なりの利点を示す必要があります。

それは「個別の対応」です。

 

大規模塾の講義が

多人数相手の一斉指導であることは

良い面と悪い面があるでしょう。

良質な講師による

良質な講義が聞けるというのは

大きなメリットだと思いますし

周りに大勢にライバルがいることが

刺激になるとか、

できる子の中にいることで

他の子のペースに自分が合わせることで

能力を引き上げることができる

というメリットが

多人数で学ぶことのメリットでしょう。

しかし、そういう臨場感は

オンラインでは大きく損なわれます。

愛岐ゼミでの学習の良さの一つである

他学年の授業が見えることの刺激は

オンライン指導では消えてしまい、

私たちにとっても

オンライン指導はデメリットがあります。

 

小規模塾での指導で

多人数指導の長所にどう対抗するか。

大手のスター講師の講義力は

簡単に超えられません。

その分、個別にやり取りする回数を増やし

理解度を上げることで対抗することになるでしょう。

また、ライバルの存在という面は

人数は少なくても

毎年ひとりふたりのスターがいて

他の生徒たちの刺激になるので

案外変わらないかもしれません。

オンラインでの指導を

個別でなく少人数指導ですれば

できる子のペースが

日頃よりも身近に感じられ

良い刺激になることもあると思います。

また、単問の取り組みであれば

誰でもそんなに差はありませんから

案外刺激があると塾生は言います。

もともと私の講義スタイルは

できる子のスピードと思考に合わせたポイント講義からの

個別対応ですから、

一発目のポイント講義で理解できるかが

一つの刺激となっているはずです。

やや早めのペースで引っ張って

参加者に適度な緊張感を与えれば

それがそのまま

できる子のペースに引っ張られることと

同じ効果を生みますので

そういう指導をオンラインでも

行えば良いと思います。

ややハイペースの指導は

ハイレベルの塾では行われていると

皆さんは考えられるでしょう。

ついていけない子がどの程度いるのか。

ライブ授業なら把握できますが

オンラインではあまりわからないため

ハイペースでどんどん飛ばすことには

大きなリスクを伴います。

小規模塾であれば

個別に質問対応ができる人数ですから

少々ハイペースでも

あとで十分フォローができます。

 

とさんざん書いてきましたが、

オンライン対応には限界があり、

今年度はもう募集停止にするつもりです。

オンライン生への指導は、

費用対効果でみて

どこよりも「手厚い」と自負していていますので

このまま良い結果につながると

確信しています。

 

愛岐ゼミより