農協改革についてちらほら。


根本はやはり、全中及び中央会、全農改革。


まず全中。


監査権限、指導権限の廃止。単なる社団法人になってくれという話。


そうそう、いろいろな意見あって当然。これはすべて俺の意見ね。


まあ、中央会という組織は完全に消滅してもいいと思いますね。


すると監査権、指導権をどうするか。


政府案?は監査権は公認会計士に。指導権は単協が自由に考えて経営すればいいのであって指導権を独占する組織などいらないでまとまりそうであります。


監査権を公認会計士に一任するとなると、いまある農協監査士はどうなるん?となり、案では廃止になってますね。んで農協監査士が引き続き監査業務に携わりたいなら公認会計士になれという話のよう。


監査についての主観は、中央会を廃止してしまって、監査権を公認会計士と農協監査士両方に与えればいいのではと。てのも農協て農協法で結構特殊な事業形態を持ってますよね?なのでそれを熟知していると認定された農協監査士もそれはそれでかなりの監査能力があると思うわけです。会計士のように営利企業や会社法を基準とする監査では対応しにくい部分があるかなと。まあ頭いいでしょうからすぐ対応できると思いますがそれまでの中間措置として両方生かす。でも中央会は廃止。んで農協監査法人の設立を認める。運営の在り方は監査法人に準拠。要は監査のみの権限にしてしまって、コンサルはさせない。コンサルしたいなら監査できない体制でいいと思いますね。料金体系は競争による。


各農協内に監査の部門があるけど、これはどうするつもりなのか?内部監査専門にするのか?それはそれで民間企業を合致するから問題はないかな。


次に指導権。こんなものこそ必要ない象徴だと俺は思ってますので、もう誰にも与えない。というか民間コンサルみたく、やりたい人々が勝手に自分たちを売り込んでやればいいと思います。よって、中央会が存続するのであれば任意コンサル法人。シンクタンクとして残る案もあるそうだが、それなら余計任意コンサル機能は持たせてもよいのでは?でもそうすると出資金制度みたいなものが残る可能性がある。できれば中央会は完全に解体してほしいですね。あと農林中金・全農・共済連もですけど。


でも農林中金・共済は日本有数の規模の銀行・保険法人になってしまったのでそうそう解体にはならないと思いますね。逆に大混乱に陥りそう。よって全農が標的に()。ようは中央会機能は単協でやればいいというのが政府案だと思いますし、俺もその前提は賛同しております。


が、機構的にどうなるかは注視中です。なんか監査機能を会計士一本にするのも理にかなってそうで、実は会計士制度改革で増やし過ぎた会計士の行き場を無理やり作りたいと政府の失敗を押し付けている感もヒシヒシと勝手に感じます。農協は農家いじめで、政府は農協いじめみたいな構図がただいま完成中。じゃあの無能な監査委員制度も改革してみろよ!と行政改革をつついてみると弱い者いじめがよく分かる。農協改革はやるけど絶対行政改革はやりませんよ()この辺が味噌だよね。


次に全農改革。ここも中抜きばかりしていてその割に品質に定評があったりブランドが出来たりするわけでもないので、必要性は薄い。単協が集めた農作物を全農がかき集めるor全農ブランド付けさせて販売しているだけで、そんな仲介必要ないわ!と言われても文句言えない。全農の株式会社化は要は商社にしてしまえという話だと解釈していて、他の商社や独自販路農家と競争してねテヘペロということであろうと思われるので、別に理にかなっているので問題なし。それこそ単協自体が商社を兼ねていないと組合としての理念にある意味反しているわけだから、そんな上部組織などなくても販路開拓できるようにしなければならない。中抜き&出資金が無くなれば結構資金的に余裕が出てくる単協があると思う。逆に何も考えてこなかった単協がいきなり自由にされると何をやればいいのかわからずそのまま潰れるかもしれない。でも潰れるということは必要とされていないのだからそれはそれで自然なことであまり問題ではない。


ある意味一極集中型の象徴な農協組織を地方創生という名のもと分散型にすることは、地方創生の在り方の前書きになりそうで、実に興味深いわけですよ、俺にとっては。なんとかまとまった?この文章。

AD