最近の車事情について。


最初はHVワゴンが競争になっている点。


フィットシャトルとプリウスαが出ましたね。


またもや対抗心むき出しの両者と思ってましたが、よくよく見てみれば、セグメントは別になった気がしますけどね。


さらに、ここでポイントになろうかと思われる点は、燃費がほとんど変わらなくなってしまった点。となると自然と安価の方に軍配が上がるのではと。


すると、50万円以上も安いフィットシャトルが今回はコンパクト部門での大敗の雪辱になるんじゃないかなぁと思ってます。


プリウスαの方が高級指向で、50万円の差をどのように感じ取られるかは消費者如何だとは思いますが、俺なら日本の道路事情にあったコンパクトなフィットシャトル買いますね。+安いし。


そうそう、なんでトヨタHVよりホンダHVはあんなにへちょいのかと常々疑問に思ってましたが、意外や意外、HV自体に問題がある訳ではなさそうです。それを証明してくれたのが、2つ目の事情。


それは、skyactiveエンジン搭載のMCしたデミオ。エンジンをどれだけ効率よく使っているかを表す数値(大雑把な説明でごめんなさい)の圧縮比。それが今まででは考えられない数値を表しているのがskyactive-g


まずは、このデミオと競争になるであろうフィットHV。どっちが楽しいかと言うとデミオを乗ったことないのでなんとも言えないけど、力があるのは多分フィットHV。さらに新技術に乗っているという感覚が高いのもフィットの方だと思う。なんせデミオは凄いことやり遂げているけど、結局はエンジンを改良しましたっていう、今までと同じ話。


でも、同じ燃費でフィットは159万円~、デミオは140万円。20万近く違う。ライフサイクルコスト考えても多分デミオの方がお買い得。


先進性もskyactiveだ!と強く心に刻めば問題なかろうかな。走りの楽しさならフィットHV、とにかく安くてエンジンだけがいいならデミオですかね。


んで、話戻って、圧縮比の話で、トヨタのHVに搭載されているエンジン見てみたら結構改良されていて、圧縮比も結構高い。ゆえにエンジンだけでも燃費がいいはず。しかし、ホンダHVだと、圧縮比まではいじくってある感じはなく、本当に既存のエンジンにHVを積んでいる感じかなと思ったり。


すると、トヨタHVの方が燃費がいいのは、HV技術が良いのではなくて、エンジンがそもそもskyactiveに近いエンジンを使っているから燃費がいいんじゃないかと。

ホンダには一時期失望していたが、なんかそれの可能性を考え始めた場合、まだまだ捨てたもんじゃないかなと。


んで3つ目。次期カムリの話。


をしようと思ったが、投稿2つ目で面倒になったのでまた機会があれば。


一つ言いたいこと・・・次期カムリほしい。

AD

学童保育に数年前からお世話になり、その職を離れた後も研究会にだけは顔を出すように心掛けてます。


その中で話題になるのは、やはり今後のこと。


幼児保育も含め、将来保育はどうなっていくのかと。


現に幼児保育の方は国家予算が微減中。学童保育予算は微増しておりますが、全く足りない状況。政府や行政は保育をどのようにとらえているのかと。


幼児保育の方は昔から制度は整っていて、正職員も当たり前のようにいます。しかし、近年、保育士の非正規増加が問題になってます。


学童保育においては、非正規職員が主流で、正職員は稀。


我が市町村においては、「学童保育においても、長期的かつ質の高い若い人材を集めていきたい」と言っているにもかかわらず、正職員化はしない方向で、なおかつ、教員・保育士免許保有者でないと非正規にもなれない状況を作り出しています。


質の高い、やる気のある人材を集めるのはどこであっても急務。しかし、免許保有者が学童保育に集まるかと言うと、そんなことはありません。


教員や幼児保育の非正規の方がまだ環境が整っているし、そもそも時給が高い。わざわざ学童保育に免許保有者が就きたいと思わせる理由がないからです。


現に保育所でさえ、環境・待遇が良いのに非正規は集まりにくい実態があります。HP見てもらえば分かると思いますが、臨時保育士は大体の市町村で常に募集をかけています。


それほどまでに人材が集まりにくい保育業界。そんな中、政府は子どもに関する事業を縮小させる傾向にあると聞きます。


幼児保育はハード面では公立であれば大体整っていますが、学童保育については公立であっても整備不足。


「うちは共働きじゃないので保育は必要ない」


そんな裕福な家庭ばかりの時代に戻ってくれればいいのですが、今の状況では戻ることは考えられません。


共働きであっても祖父母がいれば問題ないのですが、この都市集中型の日本では、祖父母と離れて暮らす子育て世代も少なくありません。


子育てしやすい環境を作り出さなければ、当然出生率など上がってくることは考えにくく、早急に予算をつけてほしいのですが、前述通り現状は縮小傾向。


今後、保育業界はどうなっていくのか?非正規万歳でいいのか?非正規になるために免許を取るものが今後いるのか?悪い環境の中で子供の安全を守りきれるのか?


本当に、保育業界はボランティアで重責任を負わせているようなもので、将来的展望が望めません。

AD