赤こんにゃくと丁字麩~近江のオススメ特産品~ | 愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!

愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!

主に観光旅行でも行ける愛知県、名古屋市の城や他県の戦国史跡といった歴史史跡の情報に特化してブログを書いています。キーワードは『お城』と『戦国』と『歴史』!


テーマ:

今日は近江のオススメ特産品を紹介したいと思います。




愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅12


道の駅かがみの里 で、地元の名物を販売している【いい特産品.com 】の高橋さんにお話をうかがうことができました。


初めてお会いするので少しドキドキでしたが、挨拶を済ませてほっとすると、緊張を和ませてくれる入口の珍しい形が目に入りました。(上写真)



私       「この外観珍しいですね!」


高橋さん   「烏帽子(えぼし)ですよ!」


私       「あ(*^o^*)本当ですね!」


それもそのはず、ここは




愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅13

源義経元服の地だったのです(ノ゚ο゚)ノ



オススメ品の歴史だけをうかがうつもりが、国道8号線向かいの元服地まで案内していただき、その歴史までお話してくださりました。


案内看板を読むと、【尾張の露と消えて……】から始りました。義経のお父さんの義朝のことですね!この方は、愛知県の知多半島の野間で家臣に殺されてしまいます。


まさかここで、源義朝・義経とゆかりの地でつながるは!再来年の大河ドラマは源平時代の噂がありますので、この地もピックアップされるのでしょうか?またじっくりと訪れたいです☆


源義経元服地の詳細地図はこちら


愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅14

そして道の駅に戻り、中に入るとすぐにこの史跡の案内図があります。ここを拠点に近江のお城めぐりも楽しそうですね。そして、店内は興味深い商品がたくさんありました。



愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅15

でも一番に気になったのが、赤いこんにゃくと丁子麩!近江には何度も来ていますが、いつもお城めぐりだけでしたので、こんな名物があるとは思いませんでした。



私    


「赤色のこんにゃく、めずらしいですよね!」


高橋さん  


「織田信長が赤を好んだことから、こんにゃくも赤色なんですよ。しかもこの色は三二酸化鉄の色」

 

私      


「じゃ、悪い添加物などは入っていないんですね!特に女性には鉄分は必要なので嬉しいですね」


「それに織田信長とも関連があったとは、驚きです。そうそう、丁字麩も近江商人と深い関わりがあるそうですね。」


高橋さん  


「昔の麩はみんな丸い棒のような形をしていましたが、近江商人は日本中歩いて商売をしていたため、丸い棒は麩では折れてしまうので、束ねて使いやすく、運びやすいように四角い麩となった伝わります。映画・てんびんの詩を一度ご覧ください。このことがよく分かると思いますよ」


私      


「てんびんの詩(うた)ですね!今度チェックしてみたいと思います。」



そんな感じで、赤こんにゃくと丁字麩のお話から、琵琶湖を中心とした近江の歴史までうかがう事ができました。


そして高橋さんのオススメ商品を、家に帰って早速いただいてみました。







愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅01


まずは、こちら。手作りこんにゃく。高橋さんいわく、『これを食べたら他のこんにゃくは食べれませんよ!』


愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅02


地元でも有名な永源寺こんにゃく☆良質の自然水と昔ながらの製法でつくられたこんにゃくだそうで、

下ゆでしてから、半分は、



愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅03


さしみこんにゃくとして、


愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅04


もう半分は、こんがり焼いてでんがくにしてみました。



刺身こんにゃくの方は冷やして、わさび醤油+柚子胡椒で、田楽はアツアツでいただきました。歯ごたえと弾力のある触感がバツグン!


愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅05


次はこちらの丁字麩(ちょうじふ)と、赤と白の糸こんにゃくを使って調理します(^O^)/


愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅06


すき焼きですо(ж>▽<)y ☆


まず、赤と白のこんにゃくは、見た目でめでたいですよね☆記念日や、お祝いの贈り物などにも喜ばれるかも!


そして、初めて食べる丁字麩。もっちりとして中まで味がしみて上品なお味。普通、麩といったらメインにはなりませんが、この丁字麩なら、メインでいけるかもしれません☆


愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅07


次はこちら。上二つは味付けされていて、そのままいただけるので、お手軽でいいですね!


愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅08


日本酒のおつまみにも最高です。だしが効いていてそのままでも十分美味しかたです。とうがらし入りバージョンは少しぴりっとしていて、これもお酒のつまみに相性バツグン!!



愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅09


写真左下の突こんにゃくはきんぴらごぼうに入れてみました。色合いもいいですね。触感も言うことなしです☆




愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!

写真右下はおでんにしてみました☆これからの季節は特にいいですねv(^-^)v





最後は丁字麩スィーツ♪


愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅10


すき焼きで残った半分を使って、アイスクリームをサンドしました。丁字麩を半分に切ってアイスを挟むだけの

超簡単スィーツなのに、外はサクサクの皮、中はとろ~り甘いバニラアイスが口の中で絶妙に一体化します☆



愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!-道の駅11


これはハマリそうです。ホームパーティなどにもオススメです☆丁字麩は色んな料理にできますね☆


そこで、高橋さ~ん!丁字麩レシピを募集して、高橋さんが独断と偏見で選んだ(笑)優勝者には【なんと丁字麩一年分プレゼント】や【いい特産品.com で利用できる商品券5000円】プレゼント!!


そして参加者全員は【いい特産品.com 送料無料券】なんて企画いかがですか:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


それはさておき、もっとたくさんの人に食べていただいて、丁字麩の美味しさを知っていただきたいと思いました。


そんな丁字麩や、赤こんにゃくなどの近江の特産品がネットで購入できるいい特産品.comのサイトはこちら

気になる方は、是非チェックしてみてくださいね!!






にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

Asami@戦国お城ライターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス