いつもいいね読者購読
本当にありがとうございます!

アメンバーについてはこちら




ある日の朝、
女性専用車から降ろされたおじさんが怒鳴っててるし
とんでもない割り込みをしてくる変なお兄さんがいるし

日本の朝は荒んでおりますなぁ、Aiです


そして関係ないけど、花粉症のくしゃみがとまりません








約1年かけて(途中おさぼりという名の停滞あり)
ようやく完成しました






そんな日々で…


彼がもっと
手伝ってくれたらなぁ!!ムキームキー


と思ったことは数知れず。






でも仕方ないんです。

私が拘った結果、
めんどくさい 凝った作りになったから




\ ゲストカードとか切り取り初めて即後悔 /
※ゲストカード制度はやはり親世代には不評でした








ただ、我慢ならんことがありました





それが

ゲストの住所を間違える

ということ



私は神経すり減らして
ゲストが教えてくれた名前と住所を間違ってないか確認してるのにも関わらず!




住所を間違える

名前の漢字を間違える


なんてことが何名もあったんですムキー雷
出来たー!と思っても見直したら間違ってる!
ということを繰り返し、何枚も封筒が無駄に…





そしてあろうことか

呼ぶべき親戚をリストに加え忘れる
危うく招待状送らないどころか、席を用意し忘れるところでした





ね、最低でしょ
ね、ぽんこつと呼びたくなるでしょ





百歩譲ってこれが
彼が自分で気づいたならいいんだけど



全て気づいたのは、わたしニヒヒ







最初のうちは

ちゃんと気を付けてよ!

くらいでしたが


最後には



明日仕事で朝早いとか関係ない!
いますぐ徹底的に住所と名前が間違ってないか確認してろぉお!!!



とぶちギレました滝汗


ははは








今回は気づけたけど
彼側のチェックなんて限界があるじゃないですか





間違えていたらどうしよう

失礼なことをしてしまったらどうしよう


の気持ちが後半大きくて
そういう意味でとっても疲れました





平日に仕事やりながらは彼も大変だったと思いますが
その分早めから伝えていたのに
最後はこの有り様でしたので

何度も私を激おこぷんぷんまるにさせる彼でしたとさ





これから招待状づくりをする方は

早めの着手をおすすめします!!!