2015年07月24日

高所平気症におすすめの遊具

テーマ:子どもの安全

うちのダンナは、何を隠そう「高所恐怖症」です。

高いところの点検や施工は、コワゴワやってます。


私はというと、「閉所恐怖症」かな。

車を運転して、トンネルに入ると、かなーり緊張します。

(°Д°;≡°Д°;)



実は先日、新聞に「高所平気症」というのが載っていました。



えっ?「平気症」なのに、病気なの?

(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)




高所平気症とはどういう症状なのでしょうか。


漢字から、およその見当はつくと思いますが、

高所平気症とは、「高いところを高いと思わない感覚」を指します。


それがなぜ「症状」なのかというと、


高さの感覚を正しく身に付けていないことが、子どものマンションからの転落事故の多発につながっているのではないか

というご指摘があるからです。



これは、福島学院大学、福祉心理科の織田正昭教授が提唱されています。

(※子どもの転落事故 どう防ぐ~NHKニュース「おはよう日本」 より)



好奇心旺盛な子どもは、高い所の怖さを知らなければ、

平気でベランダの手すりに上って遊ぶでしょう。


手すりの高さの問題というよりむしろ、

高い所に対する当たり前の恐怖心を持たない子どもの心理に問題があるのだとも言えるでしょう。



では、いったいどうすればよいのか?



織田教授によると、

子どもが自分の身長と同じくらいの高さの遊具で遊ぶことで、高所感覚を身につけることが重要

なのだそうです。




【高所平気症におすすめの遊具】






 定番の「ジャングルジム」


子どもは自分の目の高さを基準に、地面との距離を比較して高所感覚を養っていきます。


そして、落ちたり多少の失敗を繰り返すことで、


「これより高ければ危ないな、

落ちたら痛いだろうな。」


という経験値を養っていくことになるんです。






 変形 「太鼓はしご」



遊具から落ちてケガをする危険よりも、


高い所から落ちる怖さが分からずに、

命を落とす危険だってあるのです!





 木製で遊ぼう「ロープネット」



ただ、落ちるときに頭部が挟まったり、

衣服が引っかかったりして、

命にかかわる危険な落ち方をしないよう、

適正な遊具点検が必要ですよね。



これからも、厳格に診断ができるよう、

日々精進して参りたいと思います。





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ゆぐゆぐ@遊具診断北近畿さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■コメントありがとうございます。

実はこの4年間、急な頼まれ事で、公立学校で講師をしていたので、個人的なブログ更新は控えてたんです。
倒産じゃないですよ~( ̄* ̄ ;爆


>ももぱぱさん
お久しぶりです。
忘れずにコメントくださってありがとうございます
m(_ _)m
ダンナの要望により、北秘書あらため、当社のゆるキャラ「ゆぐゆぐ」で、今後も引き続き更新したいと思います。
どうぞよろしく━━━(゚∀゚)━━━!!!
「低い段差での転倒事故」参考になります。
ありがとうございました☆

>破壊王さん
お久しぶりです。
久々ですので、アメブロのしかたいろいろ忘れてます。(;°▽°)
この4年間でパソコン替えたので、
イラストのほうも、ソフト探すところから∑(゚Д゚)
ボチボチやっていきますね♪

2 ■驚きの更新

会社、倒産したかと思っていましたよ(爆

ところで
今、うちの業界では「低い段差での転倒事故」が
増えています。
本作業中の事故は防止できているのですが
作業前、作業後の不注意から来る事故だと思います。

高所に対する認識と同じく
小さい頃からのバランス感覚経験というのは
確かに大事かもしれませんね。

1 ■4年ぶりのブログですね

御無沙汰です。

そんなこともあるんですね・・・
痛いとか怖いというのは身を守る術だと改めて知りました。

コメント投稿

AD

おすすめBOOKS Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。