【若紫121-3】古文単語「言ひ知る」☆ | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

【若紫121-3】古文単語「言ひ知る」☆

右矢印イラスト訳を初めから読む

古文単語には、

チェックボックス1.とにかく丸暗記して覚える

チェックボックス2.漢字イメージで覚える

チェックボックス3.文脈判断で決める

などの覚え方があります。

 

今回は、現代語でわかるドッキング古語☆

 

【今回の源氏物語】

かうやうのついでなる消息まださらに聞こえ知らならはことなむ。…」

   サゲサゲ↓

今回のイラスト訳はこちら

 

――――――――――――
今回出てきた古文単語
――――――――――――

■【かうやうの】…このような

■【ついで】…機会

■【なる】…断定の助動詞「なり」連体形

■【御】…尊敬の接頭語

■【消息(せうそこ)】…取り次ぎの依頼

■【は】…とりたての係助詞

■【まだ】…まだ。いまだに

■【さらに~(打消)】…まったく~ない

■【聞こえ知る】…言い方を存じている

※【聞こゆ】…「言ふ」の謙譲(光源氏⇒尼君)

※【言ひ知る】…言い方を知っている

■【ず】…打消の助動詞「ず」連用形

■【ならは】…ハ行四段動詞「ならふ」未然形

※【ならふ】…慣れる

■【ぬ】…打消の助動詞「ず」連体形

■【に】…断定の助動詞「なり」連用形

■【なむ】…強意の係助詞「なむ」(結びの省略)

 

今回は「なむにも注意しましょ♪

「重要古語一覧」もご参照ください。
 

 

―――――――――――――――
☆ 本日の古文単語「聞こえ知る」☆

―――――――――――――――

「かうやうのついでなる御消息は、まださらに聞こえ知らず、ならはぬことになむ。…」

 

問)傍線部の意味として最も適当なものを1つ選べ。

 

1.まったく理解しておらず

 

2.まったく言い方を存じておらず

 

3.いっこうに聞こえて参らず

 

4.さらには聞こえて来るわけもなく

 

5.さらには理解もでき申さず

 

古文読解のためには

次の3つの知識が必要です。

   下矢印

古文単語をきっちり覚える

古典文法を押さえる

古文常識を理解する

 

 

この【重要古語】カテゴリでは

今回出て来た『源氏物語』の一語一語を

詳しく解説しつつ、

 

特に今回注目したい古語をピックアップして

詳しく解説しています。

おねがいおねがいおねがい

 

 

 

今回の古語はこれ☆

ニコニコ下矢印

【言ひ知る(いひしる)】

【他動詞:ラ行四段活用】

…適切な言い方を心得ている

 

全訳古語例解辞典〔第3版〕

 

 

「聞こえ―知る」という連語は見たことなくても

「言ひ―知る」という連語なら

なんとなくニュアンスはつかめそう。

おねがい

 

 

この、「言ひ知る」の意味に

謙譲語がついた形が

本文での「聞こえ知る」☆

 

 

 

こんな細かいところも

見逃さずに押さえていくんです。

ゲローゲローゲローブー

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】…

   

【若紫(第2章)】の一気読みはこちら⇒

 

 

【今回の源氏物語】

かうやうのついでなる消息まださらに聞こえ知らならはことなむ。…」

 

過去記事リンク

かう・かく(指示語)

かやうなり

の(格助詞)

ついで

なり(断定)

せうそこ(消息)

は(係助詞)

さらに~ず(陳述)

きこゆ

ず(助動詞)

ならふ

に(識別)  「に」識別②

なむ①  なむ②

 

重要古語【あ】【い】【う】【え】【お】

重要古語【か】【き】【く】【け】【こ】

重要古語【さ】  ■【し】【す】【せ】【そ】

重要古語【た】【ち】【つ】【て】【と】

重要古語【な】  ■【に】【ぬ】【ね】【の】

重要古語【は】  ■【ひ】【ふ】【へ】【ほ】

重要古語【ま】【み】【む】【め】【も】

重要古語【や】【ゆ】【よ】【ら】~【を】

【文法・識別】  ■【勉強法・過去問】 ■【古文常識

 

ーーーーーーーーーーー

→今回のイラスト訳はこちら

→今回のイラスト解釈はこちら