源氏物語イラスト訳【若紫92-1】故按察使大納言 | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)
新型コロナウイルスに関する情報について

源氏物語イラスト訳【若紫92-1】故按察使大納言

「…故按察使大納言は、世になくて久しくなりはべりぬれば、えしろしめさじかし。その北の方なむ、なにがしが妹にはべる。…」

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【源氏物語イラスト訳】

 

 

「…按察使大納言世になく久しくなりはべりぬれ

訳)「…亡き按察使大納言亡くなっ長い期間になりましので

 

 

しろしめさかし

訳)お知りになることはできますまい

 

 

その北の方なむなにがしはべる。…」

訳)その奥方私めございます。…」

 

 

【古文】

「…按察使大納言世になく久しくなりはべりぬれしろしめさかしその北の方なむなにがしはべる。…」

 

【訳】

「…亡き按察使大納言亡くなっ長い期間になりましのでお知りになることはできますまいその奥方私めございます。…」

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【故(こ)―】

■【按察使大納言(あぜちのだいなごん)】

■【は】

■【世になし】

■【て】

■【久しく】

※【久(ひさ)し】

■【なり】

■【はべり】

■【ぬれ】

■【ば】

■【え―じ】

※【え】

※【じ】

■【しろしめさ】

※【しろしめす】

■【かし】

■【その】

■【北の方(かた)】

■【なむ】

■【なにがし】

■【が】

■【妹】

■【に】

■【はべる】

※【はべり】

 

重要古語一覧はこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

光源氏の所望する女とは、

わが妹だと、僧都は思い込んでいるようですね。

 

光源氏としては、早く、あの少女のことを

聞きたいばっかでしょう。

 

おばけくん

 

 

 →今回のイラスト解釈はこちら

 →今回の重要古語はこちら

 

​-

 


 

>>次へ

 

>>初めから読む