源氏物語イラスト訳【若紫89-1】思し続けて | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

源氏物語イラスト訳【若紫89-1】思し続けて

思し続けて、かうやうなる住まひもせまほしうおぼえたまふものから、昼の面影心にかかりて恋しければ、

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【源氏物語イラスト訳】

 

 

思し続け

訳)お考え続け

 

 

かうやうなる住まひまほしうおぼえたまふものから

訳)このような生活たく思われなさるものの

 

 

面影かかり恋しけれ

訳)昼間若紫の面影かかっ恋しいので

 

 

【古文】

思し続けかうやうなる住まひまほしうおぼえたまふものから面影かかり恋しけれ

 

【訳】

お考え続けこのような生活たく思われなさるものの昼間若紫の面影かかっ恋しいので

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【思し続け】

※【思(おぼ)す】

※【思ひ続く】

■【て】

■【かやうなる】

※【かやうなり】

■【住まひ】

■【も】

■【せ】

■【まほしう】

■【おぼえ】

※【おぼゆ】

■【たまふ】

■【ものから】

■【昼】

■【の】

■【面影(おもかげ)】

■【心】

■【に】

■【かかり】

■【て】

■【恋しけれ】

■【ば】

 

重要古語一覧はこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

あれっ?

さっきまで、光源氏――

 

藤壺宮への恋慕のことを

考えてたんじゃなかったっけ…?

滝汗

 

 

 →今回のイラスト解釈はこちら

 →今回の重要古語はこちら

 

​-

 


 

>>次へ

 

>>初めから読む