源氏物語イラスト訳【若紫12-1】いと尊き | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

源氏物語イラスト訳【若紫12-1】いと尊き

いと尊き大徳なりけり。さるべきもの作りて、すかせたてまつり、加持など参るほど、日高くさし上がりぬ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【源氏物語イラスト訳】

 

いと尊き大徳なりけり

訳)とてもすばらしい高僧であっ

 

 

さるべきもの作りすかたてまつり

訳)しかるべきもの作っ飲ま申し上げ

 

 

加持など参るほど

訳)加持などして差し上げるうち

 

 

高くさし上がり

訳)高くさし上っ

 

 

【古文】

いと尊き大徳なりけりさるべきもの作りすかたてまつり加持など参るほど高くさし上がり

 

【訳】

とてもすばらしい高僧であっしかるべきもの作っ飲ま申し上げ加持などして差し上げるうち高くさし上っ

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【いと】

■【尊き】

※【尊(たふと)し】

■【大徳(だいとこ)】

■【なり】

■【けり】

■【さるべき】

■【もの】

■【作り】

■【て】

■【すか】

※【食(す)く】

■【せ】

■【たてまつり】

※【たてまつる】

■【加持(かじ)】

■【など】

■【参る】

■【ほど】

■【日】

■【高く】

■【さし上がり】

■【ぬ】

 

重要古語一覧はこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

「さるべきもの」とは

煎じ薬か何かと思いきや、

梵字で書かれた護符だそうです

 

それを飲ませる…なんて

どうやって?

紙を飲み込んだんでしょうかね^^;

 

滝汗

 

 →今回のイラスト解釈はこちら

 →今回の重要古語はこちら

 

​-

 


 

>>次へ