【桐壺7-③】☆確述用法 | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)
2009年08月11日

【桐壺7-③】☆確述用法

テーマ:┗【桐壺】重要古語

おかえりなさいラブラブ あいです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【今回の重要古語】

■ 唐土(もろこし)    

■ やうやう

■ あぢきなし

■ もてなやみぐさ

■ 楊貴妃(ようきひ)

こそ

■ つべし    

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今日は、入試によく出てくる、「確述用法」のお話です◇


つべし」の「つ」は、完了の助動詞です。

助動詞の種類は【完了】だけれど、文法的意味は【完了】ではなく、

強意となります。



え? なぜかって・・・???



それは、あとに続く助動詞と関係してるんですが・・・



たとえば、英語で、未来をあらわす「will」と、現在完了をあらわす

「have+過去分詞」とを、セットで使うようなものです(^_^;)



あんまりムズかしいことは考えないで、推量の助動詞とセットで用いるときは、【完了】の助動詞は【強意】で訳出する。と、覚えてください。

※ここ、わからなければ、とりあえず、訳出だけ丸暗記して!!



【強意(完了)】+【推量】となる確述用法は、


「つべし」 「ぬべし」 「てむ」 「なむ」 …


※もっとありますが、とりあえず、これだけ覚えましょ;;



訳出は、「きっと・・・・だろう」「・・・するにちがいない」「・・・してしまいそう」などというように、【推量】(※意志・適当など)の意味を強める形で訳出すればいいでしょう(°∀°)b


けっして、「・・・してしまっただろう」とはしないこと!

 (;゚;∀;゚;)

☆☆文法事項は、あとでついてくる☆☆


とにかく、出てきたものから、覚えていきましょ(o^-')b



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【今回の重要古語の答え合わせ】


■ 唐土・・・・中国 

■ やうやう・・・だんだん、しだいに

■ あぢきなし・・・にがにがしい

■ もてなやみぐさ・・・話のネタ

■ 楊貴妃・・・傾国の美女

■ こそ・・・【強調係り結びの法則

■ つべし・・・きっと~~だろう

      ダウン

【原文】

唐土にも、かかる事の起こりにこそ、世も乱れ、悪しかりけれ」と、

やうやう天の下にもあぢきなう、人のもてなやみぐさになりて、

楊貴妃の例 も引き出でつべくなりゆくに、

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


不二古典―大学入試頻度順古文文法 (文法・下) (ルパン三世の合格大作戦 (4))/板野 博行

¥630
Amazon.co.jp
おつかれさまでしたラブラブ


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村



【関連記事】

■【桐壺7】イラスト訳

■【桐壺7】イラスト解釈