あと少しのところに!!

テーマ:

本日午後一番の患者さんは

 

13歳のミニチュアダックスの男の子

 

昨日の夜からおしっこが出ないもやもやもやもや

 

ということで診察を受けに来られました

 

実はこの患者さん

 

午前中に飼い主さんが他の病気のための

 

処方食の缶詰を取りにいらしていたのですが

 

その時にはそんな話は全く聞いていなかったので

 

少々びっくりびっくりアセアセアセアセ

 

軽く腹部を触ると

 

膨らんだ膀胱が確認できますタラー

 

ただ全身状態はさほど悪く無いので

 

状況をよく聞くと

 

時々少量ずつ出る時があるとのこと

 

可能性としては

 

尿道結石前立腺の問題が考えられるので

 

エコーで膀胱とともに前立腺も確認

 

前立腺の問題はなさそうなので

 

尿道カテーテルでの検査をすることにし

 

横臥位に保定したところで

 

尿道を確認してまたびっくり!!!!びっくり

 

尿道の出口に

 

まるで栓のようになった結石がはまっています

 

正確には膀胱から尿道を少しずつ出てきた結石が

 

出口のところでとうとう

 

詰まったハッハッ!!といったところでしょうか

 

猫の尿道結石では

 

細かい砂状の尿砂キラキラ

 

出口に詰まることは結構ありますが

 

犬でこの大きさのものが出口に詰まるのは

 

私は初めて見ましたアセアセ

 

ぱっと見は何かの小動物の糞のような(汗)

 

 

少し痛い思いをさせながらも鉗子で引っ張り出したところ

 

長さ1センチ直径4ミリほどの結石が取れ

 

その後はおしっこがジャージャーと出てくれてウインクキラキラ

 

めでたしめでたしうずまきルンルン

 

生まれてこのかた13年間

 

尿が出なかったことは無いということだったので

 

本来は尿道も太く

 

石も詰まりにくい体質だったのでしょうねルンルン

 

それにしても

 

この大きさの尿道結石が出口近くまで

 

普通に降りてきてくれていたのは

 

奇跡的なことだったと思います

 

あと少しだったんだけどね〜(笑)ルンルン