今年も残りわずか

 

未曾有の災禍の中

仕事も生活も価値観も一変しましたが

 

仕事面では

今まで積み重ねてきた経験が活きて

通常以上の業務を遂行し

自分の成長を誇りに思える1年となりました

 

よく頑張ったーーー!

 

 

と、

手放しで喜びたいところですが

休みなく働いた結果と加齢(先月40歳となりました)により

体の不調があちこち

 

無理はきかない

これからはもっと体を大事にしようと

痛感しました

 

と言う訳で

40歳、始めたことと手放したこと!

 

始めたこと

①健康いろいろ

・歯の治療とホワイトニング

・検査(と再検査と治療)

・椅子の買い替え

・月1回のカイロプラクティック

 

繁忙期の中、歯痛で眠れなくなったので

全ての虫歯を治し、歯のホワイトニングまでやりました!

マスクで歯を見せられないのは失敗

 

そして、坐骨神経痛の初期症状があるため

椅子の買い替え+月1回のカイロプラクティック通いをスタート

 

②積み立てNISAと確定拠出年金iDeCo

ファイナンシャルプランナーと顧問契約を結び

資産形成についてアドバイスを受け、投資を始めました

 

③寄付

元気に仕事ができるのは、本当にありがたいことです

 

まわりに感謝するのは当たり前ですが

目に見えないモノ(直接関わりが無いもの)にも

幸せに暮らしていることの感謝をカタチにしたいと意識して寄付を行なっています

 

 

手放したこと

①ダイエット

毎日体重を計ったり、激しい運動するのはやめて

体の声を聞いて食事や運動を選ぶようになりました

 

例えば、体が重い時はストレッチやヨガなど

 

もちろん体重は少し増えましたが

冬は厚着するのでヨシとしています

 

②イライラ

家事や育児が予定通りいかない事が私のイライラスイッチ

 

でも、完璧でなくていいんだと自分に言い聞かせ

抜け日を作る、などして

心をゆるーーく切り替え中(現在進行形)

 

③ふるさと納税

自分の住んでいる市に税金が入らない事に不安を感じ

悩みに悩んで今年からやめました

 

 

まだまだ人生折り返し地点

柔軟に始めたり、手放したりして

2021年も健康を保ちたいです

 

 

最後に、誕生月に親友と行った

豊橋市の創作フレンチaru

 

全7品のコース

前菜は酢橘 寒鰤

image

 

お肉料理は東三河の季節野菜 雪之醸(豚肉の名前です)

お野菜が香ばしくて、甘かった~~

 

店内もかわいい♡♡


とても贅沢な時間を過ごしました


来年もたくさんお仕事頑張って

ご褒美ランチ行けますように!



それではみなさま

よいお年をお過ごし下さいませ


たくさんのご縁に感謝して


あい労務マネジメント事務所

松井あい

 

まだまだ厳しい暑さは続いていますが

朝晩は日差しが弱まって、涼しく感じるようになり

季節の移ろいを感じる今日この頃

 

年度更新や算定基礎届、

そしてコロナ関連の助成金申請はひと段落したものの

後回しにしていた業務が山積みになっていて

このまま年末の繁忙期を迎えてしまうのではないかと

戦々恐々としております

 

 

顧問先ではウィズコロナの世界を生き抜くため

事業の方向性や雇用の在り方について

大きな変革を求められています

 

今まで勉強してきたこと

経験してきたこと

最大限に活かし

顧問先、そして従業員の生活の為に

より一層、尽力しなければ!と思いつつ

忙しさに余裕が無く、ついつい謙虚さが欠けてしまい反省する毎日

 

心を入れ替えて

初心を取り戻し

何のために社会保険労務士になったのか

肝に銘じて、職務を全うしたいです

 

プライベートでは

お金の使い方について

消費、貯蓄だけでなく

投資、寄付の勉強しようと決意

 

ただし、時間は無いので

顧問ファイナンシャルプランナーと契約しました

 

まずはNISAとイデコをスタート!

 

一獲千金を狙う株式投資はドキドキしてしまって向いていないので

積立投資を続けたいと考えています

 

倒産や解雇が増えたり

助成金、給付金が湯水のように使われたりする現況を目の当たりにして

今後、世界がどのように変わっていくのか

全く読めず、怖いので

 

将来に対する不安を払しょくするために勉強+実践!

 

最悪、儲からなくても

顧問先で役立つ情報として発信できるはず

 

ちなみにお金の勉強をしようと思ったきっかけは

オリエンタルラジオ あっちゃんのYouTube大学

 

 

家事で手がふさがっている時は

ワイヤレスイヤホンをして

YouTubeを聞いています

 

本を読む時間は無いけれど

情報収集できるのでおすすめ

 

と言う訳で話があちこちしましたが

どんな時代を迎えようとも

しっかり踏み耐えていくために

変化を恐れず、進んでいきたいです

 

繁忙期が来る前に友人と行ったランチ、、

次に行ける日を心の支えに頑張ります
新型コロナウイルスに感染した方やそのまわりの方
危険に身をさらす医療従事者
売上が大きく下がったり、休業を余儀なくされた事業者
家庭で行動自粛をしている方
仕事が無くなり、生活の目処が立たない方
スーパーや介護、配送など自粛したくても仕事を休めない方
 
どの状況にあっても、みんなが苦しい状態
 
みなさま
本当にお疲れ様です
 
私は現在、マスク並みの需要殺到状態で
雇用調整助成金や各種税金の延滞猶予など問合せに対応しております
 
週末も子供たちを家族に預けて仕事
感染予防対策を第一に行った上で
可能な限り、対面は避けて企業支援を行い
また良質な食事と睡眠をとって、健康管理を徹底して臨みます
 
この危機的状況が一刻も早く終焉して欲しいと願う一方で
社会保険労務士としては雇用環境が好転するチャンスだと思う一幕もあります
 
それは労務管理がグレーな会社は
助成金申請で苦労しているということ
・ 雇用契約を結んでいない
・ 就業規則がない
・ 休日が定まっていない
・ 正しい時間外手当が払われていない
・ 有給休暇を付与していない
・ 社会保険や雇用保険に加入していない
などなど、今までずさんな労務管理をしていた会社はたくさんあります
 
今回をきっかけに正しい労務管理がいかに大切なのか
身をもって感じた経営者さんは多いかもしれません

 

もちろん労務だけではなく
行政や教育、経営の在り方など、
様々な場面で改革の必要性が浮き彫りになっています
 

この局面を乗り越えて

より良い社会を再構築していけるように

そして誰かを責めるのではなく

自分にできることを、やるべきことを、それぞれが全うし
いたわりあって乗り越えたい
ですね

 

緊急事態宣言が出る前に見た桜
 
 
来年の桜はみんなが笑顔で見られますように!