ガーナの葬式ビジネス | 仲人はファイナンシャル・プランナー

仲人はファイナンシャル・プランナー

広島の仲人FP(ファイナンシャル・プランナー)の佐々木愛が結婚と人生設計、ファイナンシャル・プランニング、ナチュラル・ビューティ&ヘルスケアを中心とした活動・情報、また西アフリカ、ガーナでの活動・情報、日々感じていること等をお届けするブログです。


テーマ:
おはようございます。仲人FPの佐々木愛です。

ガーナに行ったときいろんなことを興味深く観察していました。
いつも周辺をキョロキョロ見回していましたので、

What are you looking around?

と、しょっ中、副社長に言われていましたが、
私としてはいろいろと自分の目で見て確認したい。

私がガーナという国に縁を得て実際にたどり着くまで、
結構、時間がかかっていましたので、
その間、書籍やインターネットを通じて
いろんなことを下調べをしていたわけです。

ガーナの文化で最も興味深く感じていたのが
「葬式」です。

車で走っている途中、何度も葬式やっているのを見かけました。
赤と黒のテントが張ってあるのですぐわかる。

日本では喪の色は白と黒ですが、ガーナはなんです。
色が対称なだけでも日本と随分雰囲気が違うんじゃないかな~
と想像が働きます。

それで音楽がスピーカーからガンガン  流れて
アナウンスも響き渡っています。
赤と黒に身をまとった人達が続々と集まってきます。
 
アハ~ン、これが噂に聞いていたガーナのお葬式か~。

日本のしめやかな葬式しか知らない私からすると
どう考えてもお祭りのような感じ
歌ったり、踊ったり、飲んだり、食べたり
愉快にやるそうです。

これが延々と1週間位続くらしいです。

ガーナでは亡くなってもすぐに葬式をすることはあまりないようです。
葬式の準備が大変なのと
遠くに住んでいる家族、親戚、友人・知人などに
葬式の開催のお知らせを出してから
集まってもらうのに時間がかかるなどあり
葬式の日まで遺体は冷凍保存しておくそうです
数ヶ月先とかはざらにあるみたい。

日本でいうと結婚式の準備をするような
そんな勢いなんですよね~

私の警護についてくれていた青年に
ガーナの葬式に対する興味にについて話してみると

「ここはガーナですから!
ガーナ人にとって葬式は
人生最大の“お祝い”なんですよ!」


と明るい言葉が返ってきました。

葬式ビジネスとしては
赤黒テントの設営
葬式当日の進行・運営
ミュージシャンの手配
ケータリングの手配
遺体を解凍してお化粧する
遺体を入れるオリジナルの棺
香典を受け取った後の会葬御礼
等々あげればキリがありません。

葬式代を賄うために香典は重要な役割を果たします。
ガーナの葬式は盛大なので
とにかくお金がすごくかかります。

ここまでは日本でも考えられそうなビジネスですが
極めつけは、
中には葬式代が捻出できない家族もあって
そんな家族の葬式を買い取るビジネスもあるそうです。
香典は当然ながら、買い取った側へ入るわけです  

葬式ができないよりマシと考えれば
そういう手段を取らざる得ないのかもしれませんが、
生命保険という選択肢があればいいのになぁ~
そしたら遺族も安心して葬式出せるし、
きっと保険もバンバン売れる。

南アフリカに行くと
今テレビのコマーシャルのかなりが
生命保険の宣伝なんですよ。
これは南アフリカでは
ある程度の生活の豊かさが確保されている印です。

消費者が生命保険にお金を払うというのは
基本的な生活ニーズが満たされた後の話なので
ガーナはまだそこまでに達していない
ということです。

人々の生活が豊かになってくると
ガーナの葬式のあり方も変わってくるかもしれません

ガーナに日本の保険会社がどこか進出してこないかな~





 

仲人FP 佐々木 愛さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス