第三者機関の検査・保険付保証明書を付けるには | ショールームにてお客様のご自宅にあった塗料選びをしませんか?

ショールームにてお客様のご自宅にあった塗料選びをしませんか?

住宅リフォーム・紛争処理支援センターの登録相談員が丁寧、分りやすく建物にあった塗料、施工方法を教えます。


テーマ:
保険付保証明書を頂くには国土交通省が推進する「日本住宅保証検査機構」の検査に合格する事により「保険証券」は弊社に「保険付保証明書」はお客様に「保険のしおり」と一緒にお渡しいたします。
保険付保証明書」がある家とない家では建物の資産価値が大幅に変わる事が弊社の調べでわかりました。

JIOリフォームかし保険👈クリック 内容を確認して見る

日本住宅保証検査機関の検査を動画と写真・説明を含めて説明をさせて頂きます。
「日本住宅保証検査機構」=「JIO」と言い変えさせて頂きます。


※上記の資料は弊社が預かる保険証券の資料です

JIO検査員の検査👈クリック 動画を見る 

JIO検査員の検査👈クリック 動画を見る 


第三者機関の検査員塗膜検査機目視で触れて
塗装工程の仕様書
通りの工事がされているか」・「工事内容に不具合が起きてないか」の検査を行います。
JIO検査員は弊社と全く関係ない機関ですので「良い」「悪い」の判断を1級建築士の資格を持っている方が判断してくれます
JIOの検査員の検査に合格いたしますと「保険付保証明書」と「保険のしおり」が
日本住宅保証検査機構」から受け取る事が出来ます
※検査合格後に万が一に不具合が起きた場合は保険と保証で対応致します
※検査に合格できない場合は何回でも検査合格レベルまで塗り直します


見落としがちな箇所を鏡を使い目視の確認・手を使い塗料が適正な量が塗装されているを確認します。


雨水の侵入が起こりやすい箇所のシーリングの交換がされているか、適正の塗料が塗装されているかを目視と手で確認していきます。


見事に合格をして資産価値があるご自宅が出来上がりました



サッシ下部のコーキングの補修・塗装が施工されているかを目視とカメラを使い確認しています。


窓のサッシの補修・規定量の塗料が塗装されているかを目視と手で確認しています。


見事に合格をして資産価値があるご自宅が出来上がりました


仕上げのシールがしっかりと施工されているかを目視で確認しています。


窓のサッシの補修・規定量の塗料が塗装されているかを目視と手で確認しています。


見事に合格をして資産価値があるご自宅が出来上がりました



サッシの下部のコーキング補修・塗装が施工されているかを目視で確認しています。


屋根材との隙間にタスペーサー(縁切り材)が取り付けられているかを確認しています。


見事に合格をして資産価値があるご自宅が出来上がりました


屋根で一番、雨漏りを起こしやすいドレン周りの補修と塗料が規定量の塗装が施工されているかを確認しています。

あげ裏と外壁の取合い箇所の塗料が規定量の塗装がされているかを手で確認しています。


検査合格後に足場を解体しました


外壁の塗料が規定量の塗装がされているかを手で確認しています。


外壁の塗料が規定量の塗装がされているかを手で確認しています。


見事に合格をして資産価値があるご自宅が出来上がりました


外壁の検査後に建物全体の仕上がりをカメラに収めていおます。

ベランダの仕上がり確認後に全体の仕上がりをカメラに収めています。


見事に合格をして資産価値があるご自宅が出来上がりました

弊社は10年後でも安心して頂く為に第三者機関の保証と弊社の保証の
ダブル保証でお客様をお守りしています

JIO検査員はお客様の代わりに見積書の仕様書通りに工事が行われているか検査をしてくれます
※工事を行った業者の検査より、全く関係ない日本住宅保証検査機構の検査なので安心できます

JIOリフォームかし保険👈クイック 内容を確認して見る

弊社には5年間の無料メンテナンスも設けています

無料メンテナンスの内容を確認する 👈 クリックしてください

弊社オリジナル"いえかるて"と"保険付保証明書"で施工データを保管してご自宅の資産価値を上げる取り組みを行っています。
詳しくは弊社にお問い合わせください
直接お話をさせて頂かないと伝えきれない為です


僕たち弊社に大切なご自宅を任せて頂けないでしょうか?
安心をお客様に自信を持ってご提供いたします



弊社には信頼が出来る「増改築相談員」がいる会社です

塗装の事なら小さな工事でも良いので弊社にご相談ください
0120-922-773

塗装の事ならアイホームまで



塗装屋さんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス