雨漏りの原因を見つけ雨水の侵入を防ぐ! | ショールームにてお客様のご自宅にあった塗料選びをしませんか?

ショールームにてお客様のご自宅にあった塗料選びをしませんか?

住宅リフォーム・紛争処理支援センターの登録相談員が丁寧、分りやすく建物にあった塗料、施工方法を教えます。


テーマ:
雨漏りの無料診断/費用の掛かる検査

動画・写真・言葉を添えて説明を行います


雨漏りの無料診断ではサーモグラフィー機械・蛍光染料液を使い建物に雨水の侵入しているのかを確かめます

サーモグラフィーを使い検査👈クリック 動画を見る


サーモグラフィーを使い検査の動画を見て頂ければわかると思います。
水が掛かり冷えた所は青色になり、そうではない所・熱を持っている所では赤色又は黄色黄緑色になっています

温度の差により雨漏りを起こしているか検査をします


蛍光染料液を使い、雨漏り箇所と思われる所に液体を掛けて雨水の侵入の確認を蛍光ハンディライトで確認します。
上記の写真の様に蛍光染料液に蛍光ハンディライトの光を当てると光ります

弊社は依頼を受けたお客様のご自宅に雨漏り点検検査に関しては全て無料にて行っています

ここからは費用が掛かる検査・工事です 25,000円~

サーモグラフィーを使い雨漏り侵入箇所を見つける検査方法です

最初に雨水の侵入してそうな所をサーモグラフィーや目視で見つけます

冷たい水または熱いお湯を雨水の侵入してそうな所に注入していきます


時間が経過すると水がサッシの隙間から流れてきました


雨水侵入場所のシーリングを取ってみると金具が錆びていたりサッシの下地材が湿っていました
雨水の侵入口箇所の撤去👈クリック 動画を見る

雨漏りの侵入場所のシーリングを取り替えて雨水の侵入を止めました
雨漏りを一カ所止める事により費用が掛かります。
雨漏りの検査方法・補修方法により価格は異なります。

雨水の侵入口を補修した後に放水検査を行い確認をします
補修後 雨漏り検査👈クリック 
動画を見る その1
補修後 雨漏り検査👈クリック 動画を見る その2
上記の動画の様に確認をさせて頂き、雨水の侵入が止まっていましたら費用を頂きます
※雨水の侵入が確認できた箇所の補修費しか頂きません。
補修後に別の箇所からの雨水の侵入が見られた場合は別途費用が掛かります

蛍光染料液を使い検査を行う方法


雨水の侵入してそうな所を見つけました


蛍光染料液を雨水の侵入してそうな所に注入します。


室内に蛍光染液が到達するまでの時間を計ります
この様に雨水の侵入場所の特定と到達時間を特殊な液体を使い検査も致します。
検査結果により補修方法を提案させて頂きます。
※検査金額については事前に費用の告知は致します


僕たち弊社に大切なご自宅を任せて頂けないでしょうか?
安心をお客様に自信を持ってご提供いたします


弊社には信頼が出来る「増改築相談員」がいる会社です

雨漏り・塗装など小さな工事でも良いので弊社にご相談ください
0120-922-773

塗装の事ならアイホームまでお問い合わせください














塗装屋さんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス