近年離婚した話が、多いと感じています。

そこで、ある本を見つけて読んでみますと

人の好きという感情には、4つ違いがあるとのこと

1・言葉が大事

2・スキンシップが大事

3・時間の共有が大事

4・好きな環境を提供してもらうことが大事

詳しく説明しますと

1・言葉とは、「愛してる」「好きだよ」「綺麗だね」
といわれると愛情を感じるタイプ

2・スキンシップとは、いつも手をつなぐ、キスをする
愛をはぐくむ行為をする、などに愛情を感じるタイプ

3・時間とは
出来るだけ長く一緒にいたい、同じ時間の共有に
愛情を感じるタイプ

4・環境とは
そうじ、洗濯、料理など世話を焼かれているということに
愛情を感じるタイプ

ここのPOINTが違うと愛情を感じられなくなるそうです。

付き合う前によく観察、コミュニケーションして
認め合いましょうね

だめなら次へ

未来は必ずあるのだから



多くの資産が不動産(土地と家屋)で占めている相続では、不動産管理会社の活用による相続対策が有効であり、また不可欠です。

  この対策は、被相続人に集中する不動産収入の分散による毎年の所得税対策と、その収入が被相続人に累積することを防止することにより長期的に見て大きな効果をあげることを目的としています。


  所得税の節税は、オーナーの不動産収入から不動産管理会社に管理料を支払い、かつ、管理会社の役員をオーナーの家族にし、その役員に給与を支払うことにより、不動産管理会社を通じて、オーナーの不動産収入をオーナーの家族に、合法的に分散を図ることにより超過累進税率の適用を低く抑えることになり節税に役立ちます


  相続対策としては、原則として不動産管理会社の出資は、オーナー自身やその配偶者が出資することを避け、子供たちによる株主構成とします。そして、不動産管理会社にオーナーの所有する高収益な不動産を売買などの方法により移転を図れば、より多く家族役員などへ給与の支払いが可能となり、相続人への金融資産の移転が実現し、相続税の納税資金の準備に役立てることができます。
















https://www.zai3.com/manual/souzoku/souzokutaisaku-shuhou1.html
借地権、底地権

 オーナーにとって、貸宅地は収益性の低い、土地の代表と言っても良いのではないでしょうか。

また相続が発生したら、貸宅地の相続税は収益性の割りに高額な課税をされるのに、

借地人さんが居るために適正な価格で売却も出来ず、

延納しても地代が安いので利子税の支払にも困る、

さらに物納するにも土地の境界線の確定、契約書の整備等の作業が難しいといった

、大変困った事態になることが予想されます。

早めの資産移転をご検討下さい
保険で貯金?

保険にも貯蓄できる商品があります

おもに解約返戻金のある商品で

①養老保険

②終身保険

③年金保険など

が当たります

養老保険とは、死亡補償額と満期金が同じ金額の商品

終身保険とは、死亡保障が生涯あるもの

年金保険とは、65歳とかで毎年現金が受け取れるもの

です

貯金として使うメリットは
①確実に毎月決まった額が、引き落とされるので、忘れない

②保険料控除があり、所得税の節約になる

③補償がある

デメリット
①ためる期間が長い、3.5.10年で、10年待たないと、逆に払い込みより少なくなる

計画的にためましょう

今年は寒い日がつづきそう

皆様も風邪などひかないように

頑張っていきましょう

当ブログも頑張って、喜ばれる情報を

UPしてまいります

こんな情報ほしいよという方、お気軽に

メッセージやコメントくださいね

今年もよろしくお願いいたします。

あっとまーくのFACEBOOKもよろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/pages/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%83%BC%E3%81%8F/278051492223122