停電体験記録。 | 素尻同盟☆あほせぶろぐ
2018年09月10日(月) 12時01分01秒

停電体験記録。

テーマ:あほせぶろぐ

ども。あほせぶん@この度の震災で  多くの方の尊い命が奪われました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

これまで全国各地の自然被害報道を見てきて

どこか他人事のように感じていたのだと思います。

このようなネタブログで書くのも場違いですが、

震災による停電で経験した記録を 今日明日の二日間で残します。

連載中の旅行記は後日再開します

 

深夜の大きな揺れ、そして突然の停電でした。

経験したことをまとめてみます。

 

 

《情報面》

震災発生を受け、全道の電気が消えたのは報道されている通りです。

しかし現地にいる私達は情報難民で、事態の把握はできませんでした。

どこでどの規模の地震が起きたのかは勿論ですが 

停電の規模や復旧の見通しもわかりません。

 

頼みの綱はスマホです。情報欲しさに各SNSを徘徊しますが  デマにも踊らされるので良し悪しです。

「電波塔にも電気が行かなくなるので数時間後には携帯も使えなくなる」

「間も無く断水が始まる」

「震源近くで地響きがするので間も無く大きな揺れが起きる」

radikoアプリを入れていたので(普段の野球のためね)ラジオは聞けたのですが、ものすごい勢いで充電は減っていきます。

Wi-Fiも使えないので通信制限も気になります。

でも、ラジオって大切ですね。主にHBCラジオさんにお世話になりました。

 

 

《インフラ面》

全道を襲った停電は   予想外のところにも被害をもたらしました。

 

①マンションは断水

水のくみ上げに電気を使用するので 停電イコール断水

となるマンションが多いです。我が家はこれにやられました。

いくら非常時のインスタント食材を用意してあっても、水が無ければ役に立ちません。トイレも困りました。夏場シャワーで済ませている我が家は、風呂水もためてありませんでした。

 

②オール電化

そもそもガスがないので、カセットコンロがないとお湯すら沸かせません。実家は幸いカセットボンベの買い置きがあり、何とかなりました。

 

③ガソリン

ウチは幸い満タンにしたばかりだったので 車で充電したりラジオを聴くことができたのですが、もしガソリンが十分に入っていなかったら… 

停電時はスタンドも閉まります。電気がないとそもそも給油できないんですね。

自家発電等で給油が可能なスタンドには長蛇の列が出来たそうです。

 

 

④信号機

 

 

もちろん消えてしまいます。

従って、通行には最大限の忖度が必要になります。

通行人に加え、自転車も多く行き交い 神経を使います。

実家までの道のり、アンダーパスは真っ暗で 

ディズニーの絶叫マシンレベルの恐怖を味わいました。

私は運転ヘタレなので、譲るのは得意だけど譲られる事に慣れておらず

進む事に躊躇 後ろの車はイライラしただろうなあ

それでも お互い様と譲り合う光景が多く見られ、

混乱の中にも人の優しさに触れる事ができたと思います。

 

 

⑤充電

情報の命綱です。

ポータブル充電器、大切ですよ。

1台持ってましたが、これからはもうひとつ増やそうと思います。

車での充電も役に立ちます。

 

 

⑥冷蔵庫

当たり前ですが、中身は全滅です。食べられるものは急いで調理しました。水漏れを心配しましたが、大丈夫でした。

 

 

 

《流通面》

 

 

 

震災後、朝5時のコンビニです。皆考える事は同じですね。

1時間くらい並びましたが、軽食類は既に完売でした。

水だけはゲットできました。何より店員さんも被災者なわけで、

感謝の言葉を言わずにはいられませんでした。

 

 

 

《通信》

前述の通り 混乱の引き金にもなったSNSですが 励みにもなりました。

高校時代友人で繋がるグループLINEは、

互いの状況を交換しあい励まし合い、心の支えになりました。

市内には大きな被害を受けた区があり 通話・メール不可でしたが

LINEだけは無事だったようで侮れないと思います。

 

小学校や高校からの休校連絡も全てメールで行われました。

職場からは、揺れが収まった直後に「安否確認メール」が来ました(早くてびっくり)

全ての交通網がストップしたため、殆どの人が当日は出社不可

電気が復活しないため店頭も当日は閉鎖となりました。

運悪く相方が道南へ出張中での震災だったのですが、

SoftBank通信障害が起きて連絡しにくかったのが難点です。

 

 

o゚д゚o===o゚д゚o===o゚д゚o===o゚д゚o===o゚д゚o===o゚д゚o===o゚д゚o===o゚д゚o

 

 

水無し自宅 or ガス無し実家

 

迷いましたが、私は子供たちと共に実家へ避難しました。

通信が万が一途絶えたら、という不安もありましたし

相方が出張中で不在だったのもあります。

でも一番の理由は やはり「水」

水がないことは すべての生活を制限するのです。

 

信号なしの運転移動は 九死に一生スペシャルだったけど

 

オール電化の実家は 夜間電力で温水のストックがあり

シャワーを浴びる事ができました。

 

でもドライヤーは使えないので

 

 

 

近所の公園で

天然ドライヤーさせました

( ゜∀゜)ブハハ八八ノヽノヽノ / / \   ←ヤケクソ

 

 

↓文字制限の関係で明日に続きます。ぽちっとな

あほせぶんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス