先輩の奇跡と武勇伝秘話。 | 素尻同盟☆あほせぶろぐ
2012年07月02日(月) 12時01分01秒

先輩の奇跡と武勇伝秘話。

テーマ:○○秘話。

ども。あほせぶん@今だから書ける話を、ご本人の承諾の元に書きます。




2月頭 職場の先輩が 突然の病に倒れた。
クモ膜下出血だった。


我が支店に激震が走る。


誰もがその病名を聞いて 最悪の事態が脳裏をかすめたからだ。



クモ膜下出血になると術後半数以上が命を落とすor社会復帰不能な後遺症が残ると聞く。

しかし先輩は その少ない確率をくぐり抜け


たった2ヶ月の療養で4月から職場復帰を果たしたのだ。後遺症全くなし。

「不幸中の幸いが幾つも重なり、生かされました」と話す先輩。

支店一同2度驚き、無事の再会に涙した。




倒れた時の 医師の診断書を見せてくれた。


そこにはハッキリと「非常に死亡率の高い手術です」と明記されていて、 震えが走る。


倒れてからの記憶は殆どないと先輩はいう。


手術後 生死の間を彷徨ってる間に 「あほせぶんさんに伝えて」と業務上の伝言をご主人に託し

伝言はしっかり職場の私に伝わったという事実があるのだが

それも本人は全く覚えていないんだそうだ。





ただ一つだけ はっきり覚えている事を私に教えてくれた。


先輩が倒れたその日は日曜日、法事のため親戚一同が正装で集まっていた。


お坊さんがお経をあげている間にあぶら汗が出始め、熱くなり


そのまま倒れて救急車に運ばれた。運ばれたあたりも全く覚えてないという。






しかし

脳神経外科に着き 衣服を看護士が脱がそうとした時になって
急にハッと我に返ったそうだ。
 

ハ……(|||゚Д゚)……ッ!!!







「いいですいいです自分で脱ぎます!」




制止する看護士を振り切って立ち上がり
全て衣服を脱いでから倒れ、

再び記憶を失ったそうだ・・・








・・・・



















素尻同盟☆あほせぶろぐ-ボディスーツ ※参考画像

ボディスーツ

着てたの思い出して
焦ったんですと!

。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハハハ八八八八







まさに、元気になった今だから笑って話せる武勇伝。
とゆわけでK先輩、一生ついていきます(。+・`ω・´)シャキーン


↓先輩にギャラお渡ししなきゃ☆ ぽちっとな

ペタしてね 読者登録してね

海苔文字弁当.com も よろしくね☆


ついったーフォロー歓迎☆  @ahoseven

あほせぶんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス