《フォローアップ外来》記憶力・集中力の低下 | 白血病のレジェンド

白血病のレジェンド

2014年 骨髄異形成症候群と骨髄増殖性疾患の中間型となるMDS/MPNという病気から急性骨髄性白血病AML-M4を発病

地固め療法中に再発 血縁間同種骨髄移植を経て 2015年 退院

5年後の完治目指して頑張ります!

白血病の治療はとても強いクスリを使うので、身体の至るところにダメージを負ってしまう可能性があります。

 

 

 

そのうちの1つにケモブレインといわれている脳のダメージがあります。

 

 

 

それは記憶力や集中力が低下し、一見頭が悪くなったような感覚に陥ってしまうのですが、

 

 

 

脳や指先を使うリハビリを行うことで少しずつ改善できるのだそうです。

 

 

 

私はケモブレインがひどく、もともとバカなのにさらにバカになってしまいかなり困りましたが滝汗

 

 

 

ケモブレインには波があり、最近のように頻繁にブログを更新できるくらい調子がよいときもあれば

 

 

 

人とコミニュケーションが取れないくらい、頭が働かないときもあるのです。

 

 

 

そのなかでも物忘れ(2秒で忘れるw)が特にひどいので、フォローアップ外来で相談したところ

 

 

 

頻繁にメモをとることを勧められました。

 

 

 

書くことで視覚化できることもありますが、かなり有効とのことでした。

 

 

 

なので最近は、面倒くさがらずメモをとるようにしています。

 

 

 

人と話をすることも脳が活性化するので(会話の内容を考えるから)よいそうです。

 

 

 

ちなみに社会復帰されている人の方が、人との関わり合いが多いので回復が早いのだとか。

 

 

 

私は自営業なので家族以外の人と関わらない日もありますが、そんな時は歌を歌って口と脳を動かしています。

 

 

 

指先を使うこととしては、苦手なPCでブログを書いてみたり、、、

 

 

 

たまにオカリナを吹いたりしています。笑

 

 

 

たいしたことは書いていませんが、病気前の感覚に戻れないという方がたくさんいらっしゃるそうなので、よかったら参考にしてみてくださいウインク

 

 

 

Hoimi

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村