雷電神社 群馬県板倉町 | 神仏とのふれあい旅

神仏とのふれあい旅

大好きな神社仏閣巡りをしています。
神仏との会話は、まったくもって霊能力ではありません。
全然スピリチュアルではありませんので、あしからず。

こんばんは。早速ですが、この神社は是非行ってください、ではなく、「行け!」というくらいの神社です。(しかしながらご面識のない方に行け、とは失礼なので、よかったら是非行ってください)

駐車場から入ると正面にはいきなり本殿があります。この本殿の裏には奥宮があります。この二つの社殿の間が実にすばらしい。

こんなに力強い神様の気を感じたのはなかなかありません。というか、ほかに記憶がありません。そんな感覚から始まった神社です。

参道には川魚料理を出す店が数件ありましたが、朝早かったので準備中でした。結構有名みたいです。

そして、鳥居をくぐってすぐ右に行くと福禄寿様がいらっしゃいます。

ここは館林七福神巡りの札所も兼ねているようです。

行ったのは二月上旬、蝋梅がぼちぼちと咲き始めていました。そして蝋梅の香りも境内に漂ってました。

拝殿です。彫刻がとても美しかったです。屋根には

徳川家の葵御紋があります。この地は江戸五代将軍徳川綱吉公が館林藩主だった所です。あの有名な犬公方さまです。

拝殿裏には本殿があります。

実にすばらしい彫刻です。

塀があり、近くまでいけませんが、ぱちぱちと写真を撮りまくりました。

そして、本殿裏手の奥宮。

雷電神社は、御祭神は火雷大神・大雷大神・別雷大神・菅原道真公ほかをお祀りし、厄除け・方位除け・雷除け・豊作などのご利益があります。そして、この奥宮は御祭神がイザナミノオオカミさまで、安産・子宝・家内円満・縁結びのご利益があります。

先ほどの書きましたが、この社殿の間がよい場所です。

境内社もたくさんありました。そして、神馬もいてなかなかのものです。

西と東に一頭ずついるのですが、写真は東の神馬。足腰健康のご守護・雨降りをお願いするそうです。写真を撮らせてもらおうとしましたが、ことごとくピントが合いませんでした。しかし、撮らせてくださいとお願いしたらばっちり撮れました。この神馬には「子供たちが独立するまで足腰元気に働けますように」とお願いしました。

ご朱印です。

ここは本当にお勧めです。

 

ほなね。