日本酒の獺祭に使われるお米です

テーマ:

こんにちは。今日は雨が降っております。

週末までお天気悪いようですね。

 

弊社のあります地域は北播磨というのですが、この地域は酒米の山田錦の生産量が日本一です。

各酒造メーカーのHPでも兵庫県産の山田錦の説明があります。

 

白鶴  兵庫県産山田錦について

六甲山の北側の山間部に広がる山田錦の産地は絶好の気候条件を備えています。瀬戸内海式気候のため、温暖で日照時間が長く、降水量は少なめ。それでいて、六甲山系が暖かい空気を遮るので、登熟期の夜温は低く、日較差が10℃を越えるので、稲の実りが良くなります

 

菊正宗  山田錦物語

 

〜酒米の最高峰・山田錦が出来上がるまでの一年〜

お酒の原料といえば、もちろんお米。昔から「酒造りは、米造りから」と申しますように、よいお米ができることは、よいお酒を造る上でも非常に重要です。しかしながら、お米造りは天候や風土により大きく左右されますので、よいお米をつくるということは非常に難しく、機械化省力化が進んだ現代でも、大変な作業です。

なかでも、酒造好適米の最高峰である「山田錦」の栽培は、その特性から非常に栽培しにくい品種として知られています。

 

 

JAみのり  山田錦の特徴

 

その1 千粒重(その品種の千粒の重さ)が大きいこと

品種自体が大粒で、その特性の充実度が高いということである。吟醸酒クラスになると半分以上を糠(ぬか)として削り取ってしまうが、精米の歩合が高くても、大粒で充実度が高いほど歩留まりはよくなる。

 

その2 心白率が高いこと

(しんぱく=品種特性のひとつで、米粒の中心部が白濁する現象)
心白部分はでんぷんの充実度が疎になっており、密より疎になっている方が、麹菌(こうじきん)が入りやすくなる。したがって、強い糖化力のある麹(こうじ)ができ、酒母(しゅぼ)、麹(こうじ)の糖化力がよりよい状態となる。特にJAみのり管内の山田錦は、中心部に心白が線状に入っており、精白がしやすく「麹菌(こうじきん)の食い込みが違う」と各蔵元から高い評価を得ている。

 

その3 たんぱく質や脂肪の含有割合の低いこと

これらが多いと、酒質を構成するアミノ酸が多くなり過ぎ、雑味の原因となってくる。
米の表層部分にたくさん含まれるので、精米歩合を高めることはそうした部分の除去にもつながってくる

 

 

 

 

北播磨  小野市は東経135度の子午線を通ります。 特に三木市・加東市が山田錦の生産が盛んです。

 

 

 

 

弊社から車で10分ほど行ったところに獺祭の契約栽培田があります。

 

9月16日撮影 

 

こうやってお酒ののぼりが上がってる田んぼが見られます。

 

 

最近結構海外向けに日本酒のPRとかを見かけますが、海外では好評ではなのでしょうかね??

 

私は一時期日本酒を覚えようとして結構飲みましたが、すぐ酔うので最近は控えめです。

日本酒とワインは酔うんだよねー

 

 

 

10月限定 本場丹波篠山産 丹波黒枝豆 芳醇なコクと甘みがビールに最高    

只今農家さんからの見積もり待ち。今年は上がりそう、、あせる

amazom/yahoo/楽天/自社EC 

収穫当日に出荷いたします♪ 地方に拠点を置く弊社ならではのサービスです。

 

去年の8月に黒豆畑をドローンで撮影したよー

 

(有)おはたま本舗

兵庫県小野市敷地町1133-1

HP http;//www.ohatama/com

EC http://www.ohatamashop.com  

 

 

おはようございます。

3連休明けですね。いかがお過ごしでしょうか?

 

こちらは日曜からお天気まだマシになりました。

今は少し晴れ間がのぞいております。

 

おとといの16日に丹波篠山まで黒豆の様子を見に行ってきました。

 

毎年お世話になっている丹波たぶち農場さん  http://www.i-love-tanba.jp/

 

黒豆畑   雲がいい感じ

豆の様子 

 

今年は天候不順の影響で木がまだ小さいです。

どうやら不作のようです。。。

お豆さんはできつつありますが、まだ実が入っていません。

 

 

篠山は毎年10月5日が黒枝豆の「収穫解禁日」とされています。

今年はまだ発表がありません。

 

たぶち農場さんでは「不作で値上がりになりそうです」というのと「お渡しできるのは1週間くらい遅れそう」とのこでとでした。

 

例年ですと農家さんからの金額提示も終わり、そろそろ予約販売スタート!っていう時期ですが、まだ金額をいただいてないんですあせる

 

 

4軒の農家さんから黒枝豆をいただく予定ですが、ここから先は無事に育ってくれることを願います。

 

 

 

 

10月限定 本場丹波篠山産 丹波黒枝豆 芳醇なコクと甘みがビールに最高    

只今農家さんからの見積もり待ち。今年は上がりそう、、あせる

amazom/yahoo/楽天/自社EC 

収穫当日に出荷いたします♪ 地方に拠点を置く弊社ならではのサービスです。

 

去年の8月に黒豆畑をドローンで撮影したよー

 

(有)おはたま本舗

兵庫県小野市敷地町1133-1

HP http;//www.ohatama/com

EC http://www.ohatamashop.com  

 

 

丹波黒枝豆にかける思い

テーマ:

こんにちは。

最近お天気ぐずついたまんまです、、

 

 

私は地域商社という立場で主に兵庫県産の農産物を取り扱っております。

黒枝豆は2011年頃からamazon・楽天・yahooで販売しております。

2016年秋に篠山市×神戸大学の産学連携で「篠山イノベーターズスクール」というローカルビジネススクールが誕生しました。

 

 

ーーー スクールの趣旨 ---

篠山イノベーターズスクールは、篠山市と神戸大学の地域連携事業の一環として開講された、全国でも先駆的な農村での起業・継業(事業継承/第二創業)に特化したローカルビジネススクールです。 JR篠山口駅の農村イノベーションラボをメイン教室として、ローカルビジネスのスタートアップに求めれる基本的な「地」と「知」(セオリー、ノウハウ、ネットワーク)を、一年間で獲得できることを目指しています。 また、篠山市への移住定住、融資・投資など地域の産官学民金が連携して、修了後もサポートする体制づくりも進めています。 あとはJR篠山口駅のプラットフォームから一歩前に踏み出すだけ。みなさんの旅立ちをお手伝いさせて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

私は1期生として食べる通信(※1)を題材としたローカルメディアに関して学びました。

 

農村地域であります丹波篠山は高齢化・担い手不足が深刻です。耕作放棄地も増える一方で人が手入れをしない山もどんどん荒れてきています。昨今の猪・鹿・アライグマなどの獣害も人が森を手入れしなくなったことが要因だと思います。

 

そんな地域の課題の解決策としまして、黒豆の栽培面積を増やして収量を増やし、所得も増やして孫世代や新規就農に関心のある方が地元の特産、農業に魅力を感じるようになって、担い手が少しでも増えてくれればという思いで取り組んでおります。

 

また丹波黒大豆は定植から刈り取り、選別まですべての作業を手作業で行っている農家がほとんどです。ですのでシーズン中は家族総出で作業を行います。枝豆狩りや直接買いにくる長い付き合いのお客さんも多く、販売までに手がまわりません。そんな状況をお手伝いできればと、少しだけ通販のノウハウのある私が自ら進んで販売を行っております。

 

当店で取り扱っております黒枝豆はすべて顔見知りの農家さんからいただいた豆です。

何よりも最高に美味しい。こんな贅沢なものをいただけるありがたさに感謝しています。

 

みなさまには現地の空気感や匂いなど、現地に来たような気分でお買い物を楽しんでいただければ幸いです。

 

※1  食べる通信 http://taberu.me/ 読みものと食べものがセットになった定期購読誌。「四国食べる通信」「兵庫食べる通信」など全国各地で発行されています。

 

 

 

 

10月限定 本場丹波篠山産 丹波黒枝豆 芳醇なコクと甘みがビールに最高    

只今農家さんからの見積もり待ち。今年は上がりそう、、あせる

amazom/yahoo/楽天/自社EC 

収穫当日に出荷いたします♪ 地方に拠点を置く弊社ならではのサービスです。

 

去年の8月に黒豆畑をドローンで撮影したよー

 

(有)おはたま本舗

兵庫県小野市敷地町1133-1

HP http;//www.ohatama/com

EC http://www.ohatamashop.com