コメ☆ブロ

クレアテックが挑戦する初めての米作りをレポートします!


テーマ:
寒い寒い3月の終わり。
桜の花も散りゆく中、種蒔きへと足を運んだのである。

なんと、今回、初のソロプレイ

自宅近くでレンタカーを借り、悠々の一人旅、だったことにしておこう。

気温は9度。
ところどころの雨を潜り抜け、現地に無事到着する。

たどり着いた現地にはまばらな人々。
天気も悪かったし、寒かったし、仕方のないところなのであろう。
常連さんと新人さんだけであった。

さて、豆知識。
種もみは、10度くらいの水に10日ほどつけ、発芽できるように処理するそうである。
合計100度ということである。10日以上水につける方もあるそうである。

そのあとも処理があるのだが、その話は忘れたので割愛する。
各自調べるがよい。

そんな種もみを苗床に90gまく。
一般的には、およそ3000粒らしいのだが、粒が大きいので2700粒ほどということだ。
これを蒔く。

苗床への土入れは機械でガーーっと済ませていた。
2年前は手でやっていた気がするのだが、いやはや技術の進歩とはすごいものである。
昨年は会社で仕事をしておりました。(遠い目)
年に一回のことであるから久方ぶりの種蒔きなのである。

苗床をはこび、指の間からはらはらと種もみをまく。
そう、これが指の隙間を何かが零れ落ちる感じ、だ!(嘘)

トンビの羽根でちょちょいっと、種もみをばらけさせる。

そして、水と肥料を、これまた機械で吹き付ける。

完了である。

その後、ビニールハウスに移動する。
苗床を置くためである。
寒くて暖を取りたくなったわけではない。

各オーナーが手で蒔いた苗床をビニールハウスの中へ。
19個、だったであろうか。
2つ作っていたオーナーもあったかのようなので、参加者の人数も知れよう。

ポツンと置かれた苗床たち。

ここで、以上ですとのお声。
あれ、機械で蒔いたのもみんなで置くのではなかったっけと思いもするが
昨年から変わったのであろうかと訝しみながらも、集合場所へ戻る。
解散のあいさつのために。
※オーナーが手で蒔いただけでは足りないので、機械を使って苗床を用意しております。

さて、集合場所に戻ると、機械で準備した苗床が!!!

ということで、またビニールハウスに移動。

届いた苗床をビニールハウスの中へバケツリレー。

第一弾が終わると、次がなかなか来ない。
トラックからは甲子園の野球が、我々の体には冷たい春の風が。

寒い、寒いのである。動いた後だけに余計寒い。
ということで、暖をもとめてビニールハウスの中へ。
いやー、天国ですな。
風はよけられるし、ぱらつく雨は避けられるし、なにより暖かい。

そんななか、ほけーーーっと待っていると、第2陣の苗床が届いたのである。

ほけーーーーーーっとしている間に地元の方が用意してくれたものである。
※2年前は手伝ったような気が・・・

ビニールハウスに入れて、またしばらくほけーーーーーーーーーーーっとしていると
第3弾が!

そちらを並べて、今度こそ解散とあいなったのである。

長いな、らっく1号


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
3月10日、説明会が行われたのである。
3月21日、ブログのことを思い出したのである。
なので、書いてみたのである。

今後のことは、とんと分からない。

いや、スケジュールの話ではない。
それは分かっている。分かりすぎるぐらい分かっている。
分かっているつもりだ。
(書きながら、やるべきことを思い出したりしているので、ちょっと自信を無くした、なんてことは秘密だ。)

分からないのは、このブログを続けるかどうかである。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
コメ☆ブロ-水が無い

水が無い。水が。
水が無いのである。
渇水である。
日照りである。
旱魃である。

いや、水はある。
周りの田んぼには水がある。
無いのは我らの田んぼだけだーーーーーーー!!!!


まずは落ち着こう。

6月5日。
いつものように
朝落ち合い、海を越え、山を超え、棚田へと向かう。

向かうのは3名。
いつものメンバーである。

そう、繰り返されるいつもの光景だ。

入梅が発表されていたが
空から落ちてくるものはなし。
これも日ごろの行いの賜物である。

コメ☆ブロ-いざ行かん

なんともふてぶてしく頼もしい後姿ではないか!

集合時間よりも早く着いたので
田んぼの様子を見に行く。

そして信じられない光景を
我らは目の当たりにしたのである。

コメ☆ブロ-水が無いその2

ここは水田ではないのか?
なぜ水が無いのだ?
何が起こっているのだ?
嫌がらせ!嫌がらせなの!?
うきゃー!

などと、とりとめもなく考えていると
集合の時間に。

とりあえず、山を下り集合場所へ。
いや、しかし、この上り下りだけでも
疲れるのだが・・・

えーーっと、多分生育の話とか
注意事項とか聞いたと思うのだが
あまりのショックに記憶にない。

生育は順調だと言われた気もするが
我らが田んぼの様子を見るに
すんなりとは心に落ちてこなかったのであろう、
記憶にない。

決して歳をとって記憶力が鈍ったわけではない。
ないと思いたい。

それでも草刈りを行わなければならない。
そのために、朝も早くから
遠路はるばるきたのである。

コメ☆ブロ-作業前

作業前の様子である。
水がないので、実はどこが草を刈るべき畦なのか
今一つ判然としないのだが
稲らしきものを刈らなければ問題はない。
問題はないはずである。

水の問題はひとまず
あちらへ置いておいて
草刈りである。

三手に分かれて
黙々と草刈りである。
いつもの通りである。

が、地元の方から
水際をやったら、後は機械でやるからとの
ありがたいお言葉が。
というか、3人では終わらないと
見かねて助言をくれたのだか。

もっともである。

コメ☆ブロ-草刈り機に追われる2

コメ☆ブロ-草刈り機に追われる

ということで、追い立てられるように
作業に励むのであった。

まあ、草刈りの邪魔になるので
結局畦の部分もあらかた手で刈ったのではあるが。

と、水が流れ落ちる穴を発見する。

コメ☆ブロ-穴を発見

で、とりあえず、塞いでみたのである。

コメ☆ブロ-塞いでみた

あまり深く考えてはいない。
穴は深そうではあったが。

とにもかくにも
無事終了!

コメ☆ブロ-草刈り後

すっきりである。

地元の方に聞いたところによれば
まだまだ、ここから水を張れば大丈夫だそうなので
安心してほしい。
安心したい。
安心させてほしい。

コメ☆ブロ-植え方

こんなにきれいに植えたんだもの。

らっくいちごう

おまけ1
悪魔が来たりて
コメ☆ブロ-やぎ
いなないておった。

おまけ2
からーすー
コメ☆ブロ-からす
なぜなのかは不明である。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。