脳外科医が語る臨死体験と魂の世界はあると思う(2/4)

 

1月31日の「米脳神経外科医が見た死後の世界」が好評のようですが、昨日は日本の脳神経外科医が語る「臨死体験」と「魂の世界の存在」についての動画を観ました。聞き手の坂の上零さんの体験談も凄いです。是非、ご覧になってください。

 

 

「黄金の金玉を知らないか?」さんのブログ

新刊 関暁夫のバシャール対談が面白い 全ては共鳴(2/4)

バシャール&関対談 恐怖と不安を選択してはならない(2/5)

 

さて先日、玉蔵さんが上記の新刊本を紹介されておりましたが、わたしは年末に読み終えておりました。新刊本のため、ブログ記事で少しでも内容を紹介しますと、出版社からクレームが来るのではないかと思い、自粛しておりました。

 

玉蔵さんも「面白い~」と感想を述べておられますが、わたしもそう思います。また、辻麻里子さんの著書「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」「宇宙の羅針盤」と共通する点もあり、興味深く読ませていただきました。お茶目次の一部をご紹介しますね~本

 

 

①エササニ(バシャールの出身星)は並行現実の中にある世界

②エササニは地球の3000年先の未来

③誰もが宇宙存在とコンタクトをとれる!

④未確認生命体が正式に公表されるのは2033年以降

⑤人類が他の生命体やテクノロジーと融合する日

⑥バシャールの職業はファーストコンタクト・スペシャリスト

地球はこれからどんどん分岐分離していく

⑧みんなが思う時間は幻想でしかない

⑨無限の時空間エネルギーを活用する

ムー大陸はアジアとつながっていた!

ピラミッドの本当の使い道

⑫太古から人体にも宇宙にも活用されている黄金比とは?

⑬音を光に変え、音を電気に変えるテクノロジーが存在した

⑭真空には目に見えない仮想粒子がいっぱい詰まっている

⑮近い将来、地球にも時空間エネルギー装置が誕生する

⑯ホワイトホールが存在する宇宙は全てが裏返しの宇宙

ワームホールやポータルを見つけたら時空を通過できる

富士山は宇宙とつながるポータル

⑲行きつく先は「ただ在るのみ」

三角形は次元から次元へのポータルを通りやすい形

 

50項目以上ありますので、全てを紹介することはできませんが、過去記事で扱った内容と非常によく似ています。番号は目次番号ではなく、これから紹介しやすいようにつけたものです。

 

(過去記事)宇宙との繋がりと特殊能力(2)(2018/11/11)

宇宙との繋がりと特殊能力(3)(2018/11/11)

 

 

①の【並行現実・並行宇宙】については、「パラレルワールドは実在するのか?」を始めとした記事で何度も取り上げています。

 

④の【2033年以降】ですが、「宇宙との繋がりと特殊能力(4)」では、マヤのガイドの一人であるメルクが「2036年2月6日に特異点があります」と述べていましたね。その日に何かあるみたいね。UFO

 

⑥では関氏がこんなことを云っています。

「第7感を持つ能力者、宇宙と交信できる人たちが、今、世界中で本格的にリクルートされています~」

 

⑦は「年末年始雑感」を参考にしてください。

 

「常識」を疑うことから始める(2018/1/10)より

 

⑧の【時間は幻想】です。バシャール曰く、「すべての現実というのは同時に存在しており、実際には現実というのは無限の数の種類の並行現実が存在しています。時間は直線上にあって、過去から未来へどんどん動いているというような観念というのは、物質世界で皆さんが作り出した副産物でしかないのです~」

 

⑨の【時空間エネルギー】とはどういうものかという問いに・・・「地球上の人が云うところの、ゼロポイントエネルギーに似ています」

 

量子テレポーテーション(3)(2015/8/2)より

量子08

下矢印

量子09

 

⑮の【時空間エネルギー装置】です。瞬時に空間を移動できる量子テレポーテ―ション装置ではないかと思われます。いつかは、過去にも未来にもテレポートできるかもしれませんね~宇宙人

 

「量子の世界」超ひも理論(2)(2018/1/28)より

 

⑰の【ワームホール】です。映画「インターステラー」にも登場してきました。ワームホールを見つけることができましたら、時空を通過することができるそうですが、それを見つけるのは中々難しいようですよ。

 

 

⑱の【富士山は宇宙とつながるポータル】です。バシャールは富士山、米国のセドナ、ハワイのハレアカラをあげていますが、日本には富士山以外にもあるとは言っていますね。

 

わたしが聞いた範囲では、鞍馬山、高野山奥之院など全国に20ヶ所ぐらいはあるようですよ。高い山が多いのかなぁ~?ただ、そのポータルがいつ開き、どこにつながっているかが分からないと活用できないとバシャールは言っています。

 

陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる(2018/3/8)より

 

⑲の【ただ在るのみ】です。

(バシャール)

オール・ザット・イズ(在りて在るもの)が終わりではありません。なぜならば、「オール・ザット・イズ」にはまたそれが集まった集合体が無限にあるからです。終わりがないのは、始まりがないからです。【ただ在るのみ】なのです~」

 

 

⑳の【三角形はポータルを通りやすい形】とあり、「宇宙の羅針盤シリーズ」に三角形が頻繁に登場してきますし、「高次元の幾何学が必要です~」とバシャールは述べています。

 

ムー大陸、ピラミッド、黄金比、裏返しの宇宙に関しては省略させていただきました。本書に興味がわいた方は読んでみてください。