夢の話あれこれ(16)

テーマ:

毘沙門堂(京都市山科区)

 

今朝のわたしの夢です。紅葉が美しい京都の寺院にいます。

 

上図のような石段の最上段にいます。隣にはどこかの寺院のご僧侶がおり、ここから下に向かって「黒いボーリングの球」を投げるのです。

 

 

そこに、ここの寺院のご住職がやってきます。怒られるのかな?と思っていましたら、そうではなく・・・・

 

「つい最近も同じことをした人がおりました。スピ系の大先生で、『これからこの様なことが起きるのです』と云っていましたよ~」

 

わたしは直ぐに「大先生といえばあの方だろうなぁ~」と思います。そこで目が覚めました。

 

今朝、この不思議な夢を仲間に報告するために画像を探し、「ピッタリ!」と思って、冒頭でご紹介しました写真を見せました。

 

その時はどこの寺院か調べもしなかったのですが、記事作成にあたり調べましたら、京都市山科区にあります「毘沙門堂」だということが分かりました。ガーン

 

 

毘沙門堂(Wikipedia)より

 

本尊はもちろん「毘沙門天」ですが、秘仏なので画像はありません。それにしても、貴乃花親方➡毘沙門堂と繋がるとはビックリマーク

 

(参考) 毘沙門堂HP

 

夢の中でカラーで見えたのは、「紅葉と大きな黒いボーリングの球」でした。過去の経験からしますと、カラーの夢は正夢になる可能性が高いです。

 

 

 

「大きな黒いボーリングの球」から16日に地球に最接近する「小惑星3200 ファエトン」が浮かびますし、黒い球から「爆弾」も浮かびます。ボーリングの球って穴が三つなのが普通ですよね?何か関係があるのでしょうか?

 

なお、もうひとり奇妙な夢をみた仲間がおります。

 

それは、シールが剥がれていくように「次々と歯が抜けていく夢」で、吐き出したら10本ぐらいの歯があったそうです。ガーン

 

イノシシ出没、校舎内走り回る 京都市(12/4)

 

京都市内でイノシシが出没する事件が多く発生していますが、イノシシといえば「猪突猛進」、2019年が「亥年」です。2019年に向かって何かが猪突猛進ってことですかねぇ~アセアセ

 

AD