ヤッターマン ドロンジョ様 見納め

 

ヤッターマン(Wikipedia)より

タイムボカンシリーズ ヤッターマンは、1977年1月1日から1979年1月27日までフジテレビ系列で毎週土曜18時30分 - 19時00分に全108話が放映された、タツノコプロ制作のテレビアニメ。『タイムボカンシリーズ』2作目に当たる。

 

ヤッターマン1号、2号

 

地球上のどこかにある“お宝”のありかを示したアイテムをある個数集めようとする、ヤッターマンとドロンボー一味との戦いを描いた作品。ヒーローに変身する男女ペアの主人公、ゾロメカ、おだてブタ、三悪メカ爆発時のドクロ雲など、後にシリーズを象徴することになる要素のほとんどが本作で誕生した。ツナギをベースにしたヒーローコスチュームというのも異色である。

 

ドクロベーの解説

 

「泥棒の神様」を自称する謎の男。三悪をそそのかしドクロストーンを探させる。その正体はドクロ惑星・XYZ星人という宇宙人で、地球誕生時の爆発に巻き込まれバラバラになった自分の体であるドクロストーンを集めさせるため、宝のありかがあると嘘を言った。

 

 

毎回やられてぼろぼろのドロンボー一味に対し、趣向を凝らした「ママより怖いおしおき」を行う。(引用終了)

 

「ヤッターマン」の動画と解説です。アニメには詳しくないので間違っている面があるかもしれませんが、大目にみてくださいね。ぼけー

 

 

なぜ、「ヤッターマン」かといいますと、2日の「宇宙戦艦ヤマトとフクイチ」におきまして、1日夜「宇宙戦艦ヤマト」の古代進森雪の上半分の顔が視えたと申し上げましたが、昨夜遅くに主人が「今、気がついたけど・・・」というのですよ。

 

同じ1日夜、主人が寝入る前に「ドクロ二つ」が視えたというのです。

 

「ええっ?ドクロ!」

「うん、すっかり忘れていた。それも顔の下半分だったわ~」

 

今朝、その話を仲間にしましたら、「ヤッターマン」を教えられたのです。ヤッターマンというアニメがあるのは知っていましたが、子どもの頃観ていた記憶がないので詳しくは知りませんでした。

 

 

ドクロ雲

 

ヤッターマン1号、2号は横において、ドクロベーが泥棒三人組にお仕置きする際、最後に「ドクロ雲」が出るのが定番だそうです。制作はタツノコプロということで「龍」が連想されます。

 

主人にこの話をしましたら、

「あぁ、ドクロベーな。そうそうドクロ雲出るんだわ~。」

 

上図はドクロ雲ひとつですが、本人が視た映像はドクロの下半分が横に並んでいたということです。また、ドクロベーの定番のセリフは、「おしおきだべぇ~」なんだそうですね。

 

1日夜ほとんど同じ時刻に就寝しましたから、「古代進&森雪」と「ドクロベー」は、ほぼ同時刻に登場してきたことになります。また、古代進&森雪は上半分、ドクロ二つは下半分・・・まるで相似形のようです。ドクロですから性別は不明です。びっくり

 

 

これ以上は各自で想像してください。ただ、ビジョンというか、不思議な映像というものは、視ようと思って視れるものではありません。だけどヤバそう・・・注意

 

AD