悲しくてやりきれない

ミサイル警報、地下道で壁一列に 福岡で大規模避難訓練

福岡市は1日午前、北朝鮮の弾道ミサイルが上空を通過すると想定し、市内全域の携帯電話に緊急速報メールを配信する訓練を実施した。

 

NHKのニュース画像から

 

市内の公園と小学校の2カ所では避難訓練があったほか、走行中の市営地下鉄が最寄りの駅まで進んでしばらく停止した。国によると、国と自治体共催のミサイル想定訓練は24回目だが、指定市、大都市圏では初めてという。(引用終了)

 

(関連記事)

首相 北朝鮮ミサイルに備え都市部で避難訓練働きかけへ(11/30)

 

 

「ザ・フォーク・クルセダーズ」はしだのりひこさん死去(12/2)

フォーク歌手のはしだのりひこ(本名・端田宣彦)さん2日午前1時16分、パーキンソン病のため京都市内の病院で死去した。72歳だった。67年に故・加藤和彦さん、きたやまおさむさん(71)のザ・フォーク・クルセダーズに参加した。「帰って来たヨッパライ」「悲しくてやりきれない」などで人気を博した。68年の解散後、杉田二郎さん(71)らと「はしだのりひことシューベルツ」を結成し、「風」をヒットさせたほか、71年には「はしだのりひことクライマックス」で発表した「花嫁」が大ヒット。(引用終了)

 

福岡市で1日午前、北朝鮮によるミサイル発射に備えた避難訓練が実施されました。子どもさんは教師の指示どおりに動きますから仕方がないですが、NHKの画像をみて愕然としました。いい年したサラリーマンですよね。ショック

 

2日には、はしだのりひこさんが72歳で他界されました。ご冥福をお祈りいたします。お願い 北山修さんは精神科医に転身しました。この時代の曲を聴くと思い出すのですが、お元気なようですね。

 

さて、ザ・フォーク・クルセダーズの大ヒット曲に「悲しくてやりきれない」という曲があります。文末にご紹介しておきます。

 

 

上記のTweetをしたばかりですが、国祖・国常立命も「悲しくてやりきれない」でしょう。皆さんが神社参拝される時、どんなご祈念をされるか存じ上げませんが、私は「大難を無難に」とは祈りません。無難になれば気づく人がいないからです。それよりも、「一人でも多くの人が気づきを得ますように・・・」と祈ります。

 

以前にも申し上げましたが、神様はその人間の寿命が1歳だろうと、100歳だろうと、どうでもいいことなのです。肉体の死よりも、一生の間に「何を学んだか?」が大事なんです。

 

皆さんも、友人、知人、家族に対して「実際のところ、政府の考えていることはねぇ・・・」等々を話したりすると思うのですが、誰も本気にしないでしょう?いくら口で説明したところで分かってもらえないのが現状です。本人が自発的に気がつくしかないのですよ。

 

東日本大震災によって、ある一定の人々に気づきのスイッチが入りました。学びには体験が必要なんです。試練といってもいいでしょう。試練によって悩みが生じます。悩んだことがない人っていますでしょうか?真顔

 

例えば、ここに一人の男性がいるとします。彼の実家は大金持ち、ご本人は頭脳明晰で秀才、スポーツ万能、容姿端麗、性格も良く好人物、学歴も申し分なく、職業運、家庭運、健康運、金運にも恵まれて、三次元世界的には幸せな一生を終えました。

 

彼の口癖は・・・「悩むってどういうこと?」

 

何を学ぶのでしょう?稀に奉仕活動に尽力され、人類愛に基づいた生き方をされるかもしれませんが、現代日本ではちょっと考えられないケースですよね。

 

仮に今後、地震も火山噴火も起きず、安倍さんの次の政権も同じ政策だったら、1%対99%の社会システムは続くことになり、増税は加速化し、貧困家庭も増加、銀行はじめ企業の倒産・リストラも増加、治安が悪化するのは必定です。

 

人々は従順な子羊のように政府に従い、精神と肉体のバランスは崩れ精神病患者が増加、自殺、心中、殺人事件等で命を無くす人も増加します。その他に事故死、自然死があります。

 

例え、自然災害で命を落とす人がいなくなっても、人間社会の悪化で年間ウン十万人、ウン百万人という死者が出てもおかしくない時代になります。つまり災害がなくても、このままの社会が続けば死者数はそれ以上になるのです。

 

兎にも角にも、災害を悲劇のみと捉えるか、「いや、待てよ。こんなことでもなければどうなったかな?」という視点もあると気づくか?

 

 

腐ったミカン

 

この国はすっかり「腐ったミカン」になりました。1個2個どころではなくミカンの8割が腐っているように感じます。八百万の神々だって悩むところですよ。

 

「何もなければ気づかない国民性だし、何かあれば『神も仏もない』と嘆くばかりだ。ハテハテ・・・困りましたぞ~」と。

 

悲しくてやりきれない(昭和43年 ザ・フォーク・クルセダーズ)

 

AD