障害者施設の送迎バス転落 17人けが 大阪(11/13 NHK)

13日午前10時すぎ、大阪・泉佐野市土丸で「送迎バスが道路脇に転落した」などと消防に通報がありました。

 

 

警察によりますと、バスは現場近くにある障害者施設「ささゆり作業所」に向かう途中の送迎バスで、道路脇の斜面から下の林に向かって数メートル下に転落していました。

 



バスには21歳から61歳までの施設の利用者16人と職員、それに運転手の18人が乗っていましたが、警察によりますと、このうち利用者の1人を除く17人が病院に搬送されました。いずれもけがの程度は軽いと見られるということです。(引用終了)

 

11日、今日起きた事故について少し気になるので記事にしました。まずは、大阪府泉佐野市で起きたバスの転落事故です。

 

 

このバスは障害者施設「ささゆり作業所」の送迎バスということですが、昨年7月に相模原市で起きた「津久井やまゆり園」と施設名称が似ていますね。また、夕方のTVニュースで見たのですが、バスのナンバーは「123」でした。びっくり

 

そして、このバスには18人が乗っていましたが、11日札幌市で起きた観光バスの路外逸脱事故も、18人乗っていました。18日は新月です。新月 (追記:ナンバーが5555ですので18日にゴーゴーゴー?)

 

 

11月11日の「1並びの日」には、国道1号線で落石があり、一部区間が通行止めになりました。

 

 

大規模ネット障害、雄物川氾濫、徳島自動車道事故(8/25)より

 

8月23日に見た夢に「沈下橋」らしい橋が出てきましたが、11日午前、四万十川に架かる岩間沈下橋(四万十市)の橋脚1本が沈下し、路面が「V字型」に陥没しました。原因は不明です。なんなのでしょうか?ガーン

 

 

そして、12日の「NASAの宇宙望遠鏡が『体積が木星の13倍もある惑星』を発見か?」地磁気のポールシフトということで、過去記事の「千葉時代」について触れたばかりでした。

 

 

昨日の今日のことですから、全く驚いてしまいます。ガーン こういったシンクロニシティは偶然ではありません。つまり、謎の惑星接近により、「地磁気のポールシフト」は確実に起きるということです。

 

先ほど分かったことなのですが、火山噴火、地震、隕石落下はもとより、ハイブリット車、GPS、通信機器、送電線など、地磁気の乱れにより様々な事故、災害が起きるということでした。「〇リ〇ス車」の事故が多いですが、もう始まっているのかもしれません。

 

 

AD