「丑の刻」に宮城県で震度4

宮城県中部で震度4 津波の心配なし(11/11)

11日午前1時38分ごろ、宮城県中部で震度4の揺れを観測する地震がありました。震源地は宮城県沖で震源の深さは60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.9と推定されています。この地震による津波の心配はありません。

 

各地の震度は、震度4が宮城県塩釜市、震度3が仙台市宮城野区、仙台市若林区、宮城県の石巻市、気仙沼市、名取市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、それに岩手県の一関市、奥州市などとなっています。(引用終了)

 

 

 

気になる魚の大量死(11/9)より

魚の大量死が二日続けて報じられています。いずれも1000匹以上の大量死。偶然とみるか、サインとみるかは個々の判断です。

 

サンシャイン水族館のケースですが、先月から11月11日が気になっていたのですが・・・

 

1235匹➡1+2+3+5=11

 

サンシャインとは「日の光」という意味でして、天照大神が浮かびました。天照大神といえば伊勢神宮です。(引用終了)

 

7日夜、主人が私の声で「もう~!」という声が聞こえたといいました。「丑の刻」が浮かびチャネリングしてもらいました。ちょっと結果は違っていますが、今回の地震は「お知らせ」かもしれません。

 

塩竃市が震度4です。塩竃市というと「塩竃神社」が浮かびます。この神社は非常に大事な神社なのです。

 

【花鳥風月】 祇園精舎の鐘の声(2016/6/12)より

塩釜神社

こちらは宮城県塩釜市【塩釜神社(鹽竈神社)】にあります「牛頭天王」です。十六菊花紋が刻まれていますね。(引用終了)

 

この牛さんは「撫で牛」と言います。

 

「丑の刻」➡「牛頭天王」

 

塩竃神社の境外末社で「御釜神社」というのがあります。毎年7月には特殊神事「藻塩焼神事」が行われるなど、塩竃神社の末社でも特別な位置づけにあるのです。

 

水の色が変わる!?東北大震災を予言した神釜「御釜神社」より

 

塩釜という地名のもとになった、神様の釜・神竈(かみがま)が安置されています。そこには4つの神竃があるのですが、日本に異変があるときには釜の水の色が変わるといわれています。2011年の東日本大震災の直前にも、水の色が変化したのです。びっくり

 

(参考) 塩竃神社公式HP 御釜神社(Wikipedia)

 

 

暦の上では立冬は過ぎましたが、本格的な冬はまだ先です。

 

羽生結弦くんが右足ケガでNHK杯欠場、大谷翔平選手が11月11日11時に記者会見し、大リーグ移籍を発表しました。

 

陰陽師・安倍晴明「SEIMEI」の演技ができなくなり、「1」が6つも並ぶ「111111」に大きく翔ぶ・・・五芒星から六芒星?キョロキョロ

 

国家としても、個人としても、「天の岩戸開き」が本格化しそうです。

 

AD