丹生都比売神社・社務所

 

丹生都比売神社の社務所です。今回の旅では二つほどケアレスミスを犯しましたが、結局はめでたしめでたしとなったのですが・・。

 

るるぶ「高野山」より

 

旅の出発前に配信された飛鳥動画で、「空海が最初に建てたのは寺院ではなくて鳥居なんですよ。不思議でしょ?」と言われ、「るるぶ・高野山」を見ましたら、丹生都比売神社近くの参詣道「町石道」に【二つ鳥居】とありましたので、てっきりこの鳥居のことだと思い、神社参拝後に軽い気持ちで登ってみることにしました。

 

でも、後で分かったことなのですが、飛鳥さんが仰っていたのは高野山の壇上伽藍内にある「御社」のことだったのですよ。笑い泣き

 

二つ鳥居

 

 

丹生都比売神社の宮司さんに行き方を教わり、所要時間を尋ねましたら、「早くて20分、ちょっと遅くても30分で大丈夫だと思いますよ~」とのことでした。

 

ところが普段、登山っぽいことは一切していないものですから、けもの道みたいな上り坂にはマイッテしまいました。40分はかかったと思います。えーん それでも言い出した以上は途中で止めるわけにもいかず、なんとか二つ鳥居にたどり着くことができました。お休み処もあり、眼下にはかつらぎ町が一望できます。

 

空海が建立した時はもちろん木製でしたが、現在はコンクリート製の立派な鳥居が二つ並んで立っています。どうやってここまでコンクリート等を運び建設できたのか、全く不思議です。

 

高野参詣道(和歌山県世界遺産センターHP)より

 

≪町石道≫ 

町石道は、高野山奥院御廟への参詣道のうち、空海が切り開き、その後も最もよく使われた主要道である。沿道には、金剛峯寺の中心である壇上伽藍からの距離を刻んだ町石(石製道標)が一町(約109m)及び一里(三十六町・約4km)ごとに建てられている。(引用終了)

 

≪三谷坂≫

三谷坂は、12世紀に皇族により利用された山麓の丹生酒殿神社を出発し、丹生都比売神社を中継して町石道に合流する町石道の側副路である。慈尊院を出発する町石道よりも距離が短いため、町石道を登るよりも短時間での高野山への参詣が可能である。(引用終了)

 

≪京大坂道不動坂≫

京大坂道は、山麓の紀ノ川沿いから高野山へ向かう参詣道の中で、最も便利、安全で、かつ町石道よりも早く登ることができる経路である。そのため、14世紀には一定の利用がされていたことが調査で確認された。また、近世になると高野参詣の主要道として利用された経路である。(引用終了)

 

≪黒河道≫

大和方面及び江戸時代に交通の要衝であった橋本から高野山へと向かう最短経路で、山麓の紀ノ川岸沿いから女人道の子継峠に合流するまでの経路である。しかしながら、高低差が激しい経路であるため、先述の京大坂道のほうが短時間での参詣が可能であった。(引用終了)

 

≪女人道≫

女性たちは、1872年に解禁されるまで高野山境内に立入ることが許されていなかった。そのため、女性たちは江戸時代後期までに確定されていた高野山境内の外周に設けられた各女人堂を巡り、山内を拝したことから、女人堂巡りの道が成立した。(引用終了)

 

二つ鳥居の横に立つ百二十町石

 

9日の「ブラタモリ・高野山編」では、根本大塔を起点として慈尊院までの約22キロメートルの道中にある180基の町石が紹介されていましたが、二つ鳥居は「百二十町」にあたります。この二つの鳥居は、空海が神域の入り口として建立したらしいのです。

 

今回の記事作成にあたり、色々調べてみたのですよ。すると・・・

 

和歌山観光情報によりますと、「六本杉から二ツ鳥居までは、町石を巡る古峠経由のコースと、丹生都比売神社を経由するコースがあります。丹生都比売神社を経由する場合、歩行距離が約1km追加となります」(引用終了)

 

丹生都比売神社(wiki)によりますと、「丹生都比売神社への枝道(八丁坂)への分岐点には通称「二つ鳥居」と呼ばれる鳥居2基が並ぶ。高野山参拝前にはここから丹生都比売神社に参拝する習わしであったという」

 

そうなんです。高野山参拝前には、二つ鳥居で眼下の丹生都比売神社に参拝し神域に入っていくか、丹生都比売神社参拝後に二つ鳥居を通って高野山を目指すかが習わしだったようです。

 

いずれにしても、高野山参拝前には、丹生都比売神社と二つ鳥居は欠かせないということになりますね~。ミスったつもりが「瓢箪から駒」になってしまいました。てへぺろ

 

なお、この二つの鳥居は丹生都比売神と高野御子神を表すとされていますが、ある方の解釈によりますと、二つ鳥居は密かに空海と真名井御前を表しているとのことです。ラブ

 

(参考) 

 

 

そして、下山する途中、ある住宅の敷地でラッパを吹いてるお人形さんを発見しました。旅に出発する前日に「【黙示録】羽根の次は七人の天使のラッパ?」というタイトルの記事をアップしましたが、翌日にこんな場所でこんなお人形さんを見つけるとは・・・(汗)

 

台風18号(666)が急カーブで本州を直撃するそうですし、秋のお彼岸はもうすぐです。色々な意味で次元が変わりそうですね~。

 

AD