白糠産エゾ鹿すね肉の赤ワイン煮込み じゃが芋のピュレを添えて

 

こんにちは、カザマです。

先週末からグッとグッと、、、本当にグッと寒くなりましたゲッソリ

風も冷たくて、ひゅぅおおーと凍えますゲッソリ

寒いのに、きれいな青空だったりしますが、冬の空だなあ、としみじみします。

初雪も降りましたがまだ積もるほどでは無く、紅葉がとってもキレイです。

こう眺めは美しい街並みなんですけどね、もうすぐ雪が来る、と思うと心も寒々してチーン

積もってしまえば諦めも付くのですが、この直前の時期はちょっとイヤなんですよね(笑)。

こんな時は、やっぱりアレですよね。

美味しいものと旨い酒。

もうすぐボジョレー・ヌーヴォ解禁ですよ!

11月21日(木)入荷しますデレデレ

ボジョレー・ヌーヴォ飲み比べリストはこちらからどうぞ音譜

https://www.pkazama.com/nouveau.htm

こちらは去年のボジョレー・ヌーヴォです。

 

さて、こう寒くなりますとじっくりコトコト時間を掛けて作られた煮込み料理が恋しくなりますね。

ジビエのシーズンも始まりましたし、

白糠産エゾ鹿すね肉の赤ワイン煮込み

 じゃが芋のピュレを添えては、いかがでしょうか。

赤身の鹿肉の中でもよく動くしっかりしたすね肉を赤ワインに漬け込んで、ワインの風味がしっかりしみ込んだところで、香味野菜とともにコトコトと煮込みます。固い部位のすね肉ですが、すっかりほろほろと柔らかくなるまで何時間も煮込みますよ!

お肉と野菜のエキスがたっぷりと出ている煮込みソースと、甘いじゃが芋のピュレを添えて、

さあどうぞ!冬の至福ですねデレデレ

白糠産エゾ鹿すね肉の赤ワイン煮込み じゃが芋のピュレを添えて

ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000のお肉料理としてご賞味頂けます。