美味しい日記~蕪に包まれたなら、きっと | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。

毛蟹のサラダ 帆立貝と蕪にラビオリ見立て

 シェリー・ヴィネガーと蜂蜜のソース・ヴィネグレット

 

こんにちは、カザマです。

涼しくなってきて早くも食欲の秋がスタートしそうですが、ちょっと待て!

ある目的のため、ワタシはただ今ダイエット中であります。人生何百回めのダイエットでしょうか。

ここ最近は高齢化のせいか、あまり成果がありません(笑) しかし、今回は重大なミッションのため、

やる気が違いますよ!体操とゆるーい炭水化物制限で、ほんのちょっぴりですが、体重も減り、

パンツのウエストがゆるくなって来ました。でもねー、肝心のでっぱった下腹が、、、、チーン

そこへシェフが、「去年買ったハーフパンツはいたら、なんか下がるんだよな。ベルトしなきゃな。」

シェフは40℃の厨房で働いてやせたのか?! しかし腹を見てもへこんだ様子はありません。

シャツをめくってウエストを見たら、なんのことは無い、腹が出過ぎて、パンツのウエストが引っかかる

所がなく、ずり落ちてきているだけの事でした笑い泣き (爆笑)

二人そろって、ダイエットの道は厳しいですーあせるあせる

 

 

さて、本日も30周年謝恩ムニュ・デギュスタシオンより前菜をご紹介いたします。

毛蟹のサラダ 帆立貝と蕪のラビオリ見立て

 シェリー・ヴィネガーと蜂蜜のソース・ヴィネグレット

毛蟹の身はほぐして蟹みそとソース・ムースリーヌ、レモンと合えておきます。薄くスライスした蕪と帆立貝のマリネ、蟹を重ねて、一番上にまた蕪をかぶせて、ラビオリに見立てております。

シェリー・ヴィネガーと蜂蜜のソース・ヴィネグレットを上にかけて、周りにはバジルのソースを丸くひいて仕上げます。蟹や帆立貝の甘みと旨み、蕪のさっぱり感、ヴィネガーのこくのある酸味と香りに蜂蜜の甘さが絡んだ爽やかさのある一皿です。

 

毛蟹のサラダ 帆立貝と蕪のラビオリ見立て シェリー・ヴィネガーと蜂蜜のソース・ヴィネグレット

30周年謝恩ムニュ・デギュスタシオンの前菜としてご賞味頂けます。