美味しい日記~夏の鹿を甘酸っぱいベリーで | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。

白糠産夏鹿ロース肉のポワレ ブルーベリーソース

 

こんにちは、カザマです。

大の鰻好きの母と一緒に、この夏初の鰻を食べに行きました。

鰻は絶滅危惧種になっておりますし、稚魚不足であんまり鰻を頂くのは気が引けるのですが、母の元気づけという大義名分の元に行きました(笑) ススキノにある老舗のお店に初めて行きましたが、さすがに混みあっておりましたね。番号札を貰って待ちましたが、20分ほどで入れました。「丑の日」ならこんなものでは無いらしいですけどね。お隣のテーブルには中国の方らしい観光客のご家族も。

私は「ひつまぶし」を頂きました。あんまりバエない写真(^^ゞ ですみませんが、美味しかったです。

美味しい鰻を頂き、母も元気、私どもも精を付けさせてもらいさあ仕事復帰です!

 

 

30周年謝恩ディナー第一弾には沢山のお客さまにお越し頂けましてありがとうございました。

そして、第二弾のムニュ・デギュスタシオンが始まりました!

シェフのお得意料理を前菜のスタイルで様々に繰り出すスタイルのディナーです。

少しずつ色々な味わいをお楽しみ頂けますよニヤニヤオススメー!!

 

今日は最後の主菜をご紹介致します!

白糠産夏鹿ロース肉のポワレ ブルーベリーのソース

エゾ鹿は当店では、通常冬の猟期にお出ししておりますが、仕入れ先の猟師兼解体所の「馬木葉」さんでは通年猟を行っております。柔らかなロース肉の部位をきれいなロゼ色に焼き上げました。

赤身肉で鉄分の豊富なエゾ鹿は最近は人気がありますね!

今収穫期のブルーベリーを使ったソースで召し上がって頂きます。甘酸っぱさがエゾ鹿には良く合います。付け合わせは皮付きのヤングコーンのローストです。間引きのとうもろこしですが、これもとっても甘いのですよ。皮ごと焼いてますので、皮を開いて中のコーンを召し上がって下さい。ひげも食べられます。ひげも実と同じく甘いです!

夏ならではの一皿に仕上がりました。ぜひ、季節の味わいをお楽しみ下さいね音譜

 

白糠産夏鹿ロース肉りポワレ ブルーベリーのソース

ムニュ・デギュスタシオン¥8500の主菜としてご賞味頂けます。