美味しい日記~乳呑み仔牛フィレ肉のポワレ フォアグラのソテー | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

フランス産乳呑み仔牛フィレ肉のポワレ フォアグラのソテー添え

 

こんにちは、カザマです。

天候が不順で急に寒さが戻ってきたりしてますが、一度初夏の気温を体験していると、ちょっと辛いものがありますね真顔ヤレヤレ.. 暖房もまだまだ欠かせません。早く暖かな本物の春になって欲しいものでス!

そんな中でも植物のパワーは素晴らしいですね!厳しい冬を雪の中で過ごし、今やもうわさわさとはびころう(笑)としている、タイム!ホントに素敵なハーブです。助かるわーニヤニヤタダダモン!!

鉢植えの木苺に早くも花が咲きました。去年も花付きの状態で買った鉢植えですが、あんまり見栄えがしなかったのに、冬を越して美しくなりました!実が成るのが楽しみニヤニヤタダダシ!!

淡いブルーのムスカリも咲きましたニヤニヤカワイイネ!!

草むしりやプランターの準備なども始めたいのですが、なにしろ寒くてー。外に出られません(笑)

 

 

さてさて、そんな日々ですが本業の方も頑張りたいですニヤニヤ

今日のお勧めは、フランス料理のご馳走といえば、の一皿です。

フランス産乳呑み仔牛フィレ肉のポワレ フォアグラのソテー添え

フランスでは仔羊と並び、ご馳走感のある仔牛です。それも、乳呑み仔牛、まだ草を喰む前の、お母さん牛のお乳しか飲んでいない仔牛です。淡いピンク色をした、柔らかく、しっとりとした肉質です。成牛とは全く違った繊細さを味わって頂けます。今回のお料理には乳呑み仔牛のフィレ肉を用いました。一層柔らかさ、肉質のきめの細かさがあります。脂肪分が少ないので焼き加減には注意して、柔らかさを大切にして肉汁を失わせずジューシーに仕上げます。

そして、仔牛の淡泊さと対比するように、フォアグラのソテーを添えました。仔牛の繊細さとフォアグラの脂肪の旨みを一皿でお楽しみ下さい音譜

 

フランス産乳呑み仔牛フィレ肉のポワレ フォアグラのソテー添え

ディナーC¥8500のお肉料理としてご賞味頂けます。

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ