美味しい日記~牡蠣のショーフロワ | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

厚岸産殻付き牡蠣のショーフロワ コンソメ・ジュレ寄せ

 

こんにちは、カザマです。

雪まつりもたけなわですが、10年に一度という大寒波も襲来です!

1日中、氷点下の気温の中で過ごすと言うのは、もうこの年齢になると確かに寒くてイヤになりますね。

昔、子どもだった頃は寒さもなんのその、手足が濡れて凍り付き泣くまで外で遊んでいたものですが、今では氷点下になっただけで寒い、寒いと大騒ぎで暖房の設定を上げまくりです(笑)

 

そんな寒さの中でも観光客の皆さまは、大雪像を見物して写真を沢山撮って、屋台であったかくて美味しいものを食べて、大いに楽しんでいらっしゃいます。

せっかく南国からいらした方も多いと思いますので、寒さや大雪も非日常の体験で面白いですよね!

足元には気を付けて歩いて下さいねーニヤニヤ

 

 

この寒さのせいか、当店が産地直送で送って頂いている牡蠣がますます美味しさを増して来ています。

生牡蠣も美味しくてオススメですが、他の牡蠣料理もご紹介しますね!

 

厚岸産殻付き牡蠣のショーフロワ コンソメ・ジュレ寄せ

ショーフロワとは、フランス語で chaud-froid と言いまして、直訳すると「熱い・冷たい」という意味です。材料を一度火を通して、それから冷やし、上からゼラチンの入ったソースやジュレなどで固めて、美しく飾る宴会料理です。ただ、ゼラチンで固めると見た目はきれいに装飾できますが、固くてあまり美味しくない場合もありますので、現在ではソースだけで仕上げたり色々な工夫もされています。

カザマの牡蠣のショーフロワは、さっと茹でた牡蠣を冷やして、殻に海藻とエストラゴン風味のソース・ムースリーヌを しいて牡蠣を乗せ、上からコンソメ・ジュレを流したものです。

スプーンを下から入れて、ソースと牡蠣とジュレを全部すくって、ぱくっと一口で召し上がって下さい。

それぞれの味わいが一気にマリアージュして、思わず顔がほころぶ美味しさですよデレデレラブラブラブラブ

 

厚岸産殻付き牡蠣のショーフロワ コンソメ・ジュレ寄せ

スペシャルランチ¥3500・ディナーA¥4000の前菜としてご賞味頂けます。

ディナーAの場合、ご希望の前菜としてあらかじめご指定頂けますと確実です。

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス