映画「ヴィクトリア女王 最期の秘密」 | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

 

ヴィクトリア女王 最期の秘密

http://www.victoria-abdul.jp/

 

なんとなく最近、心の余裕が出てきたような気分。

まあ、仕事がヒマだからってコトが一番の理由かニヤニヤ笑

昨年末からあんまり映画も行けなかったので、これからは毎週休みには行きたいな。

映画鑑賞月間にしようかな!

なんて、いいのか。確定申告月間を控えて滝汗汗汗

 

ともあれ、まずはこちら。

ヴィクトリア女王様の豪華な宮殿やお衣装を眺めて、目の保養でもいたしましょうかと!

 

晩年のヴィクトリア女王が、在位50年祝賀の金貨を献上するお役目で来たインド人男性をお気に入りにして、心楽しく過ごしたというお話。インド人男性アブドゥル・カルムを息子のように可愛がり、英領インドの女帝でもありながらインドについてほとんど知らない女王はアブドゥルを師として、インドの勉強もする。

 

夫のアルバート公や信頼した従僕ジョン・ブラウンも亡くし、孤独の内に過ごしていた女王を演じるのは

ジュディ・デンチ。もうかなりのお年となったジュディ、冒頭の在位50年記念の祝賀パーティでの女王は、これはもうかなり老化の進んだ、お食事中に居眠りしてしまうような、衰えた姿に衝撃を受けた。

しかしながらそこで出会ったアブドゥルをハンサムと言って気に入り、従僕としてお召しになってからは

イキイキとして目にも輝きが戻り、威厳の中にも可愛らしさがあふれる女王様ぶりを見せてくれる。

やっぱりジュディ・デンチ、素敵音譜

 

宮殿の晩餐会の様子、ポタージュ・サンジェルマンから始まるコースも観ていて心愉し。

女王の召し上がるタイミングで食事は進み、女王が食べ終わったら他の出席者のお皿も食べている

途中でも下げられてしまう。だらだら食べてちゃダメ(笑)

風吹きすさぶヒースの花咲く淋し気な風景のスコッランドの丘でのピクニック。

湖に浮かぶ小島に建てられた別邸、オズボーンハウスで撮影された豪奢な部屋や美しい風景。

女王様の豪華な衣装、従僕としてアブドゥラもまた素敵なお仕着せを着て、毎日の楽しい日々。

自分の日常とかけ離れた見たことの無いような世界を垣間見る映画の世界は、やっぱりいいな!

 

お話は、アブドゥラを重用する女王に反発する周りの人々との軋轢に進み、アブドゥラから女王の関心を

そらそうと躍起になる。周囲の慌てぶりや苦々しい表情を尻目に、好きに振舞う女王様の無茶ぶり!

国で一番偉いって、ワガママも通るけど、それだけでは終わらないもねー。いいんだか、悪いんだか。

 

ところで、アブドゥラを診察したお抱え医師は、

○病と診断したけど、それはどうなったのかが

気になるオバサン心(笑)

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス