美味しい日記~フォアグラのソテー トリュフのウ・ブルイエ | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

ランド産フォアグラのソテー 冬トリュフのウ・ブルイエとともに

 

こんにちは、カザマです。

冬休みでスキーにいらっしゃるお客さまがちょこちょこ見える季節です。冷えたりゆるんだり荒れたり晴れたりと、お天気は目まぐるしいですが、北海道のアスピリンスノーを求めてお越しの皆さまはとっても楽しそうです!スキースキースキースキースキー

若い方ももちろん多くいらしてると思いますが、当店にはワタシどもと同世代の皆さまも沢山元気にスキーにいらしてます。個人事業主になって以来何十年も、スキーには全然行ってないワタシには羨ましくもあり、いやまあこんな寒い時にスキーをするなんてえらいこっちゃ!と感心する思いもあり(笑)

子供の頃からスキーをして来たので、その楽しさはもちろん分かっておりますが、しかしながらあのゲレンデの寒さも身にこびりついている訳で滝汗 比較的暖かい日は身体もポカポカしますけどね、しばれる日の寒さは鼻もまつ毛も凍り付き、手袋をはめた手先もしびれ、吹雪の日のリフトでは苦行に耐える修行僧のような心持ちに。

いつかまたスキーやスノボなどに行ってみたいという気持ちも無くは無いですが、行くことがあろうかは疑問です。スキーファンのお客さまからは、こんなに近くに良いスキー場があるのにもったいないと哀れまれてるとは思います。皆さま、どうぞ存分に北海道でのスキーをお楽しみ下さいね!そして、アフタースキーはぜひカザマで美味しいものもお楽しみ下さいニヤニヤラブラブ

 

 

ということで、オススメの美味しいものご紹介です。

冬トリュフがとっても香っております。先だってご紹介したエゾ鹿のお料理に添えたりもしておりますが、

冬に定番てご用意する、フォアグラと合わせたこちらも素敵ですよー。

ランド産フォアグラのソテー 冬トリュフのウ・ブルイエとともに

上等な冬トリュフが入荷する季節です。トリュフは瓶の中に卵と一緒に入れておきます。そうすると、卵にトリュフの香りが移るのですね。このトリュフ香のついた卵でウ・ブルイエ(スクランブルド・エッグ)を作ります。鍋にお湯を入れてその中に溶き卵を入れたボウルを置いて、泡立て器で掻き立てながらとろりとした状態に仕上げます。トリュフのみじん切りも混ぜますよ。

お皿にトリュフ入りウ・ブルイエを盛りつけ香ばしく焼き上げたフォアグラのソテーを乗せて、少し甘めのポルト酒のソースを回しかけます。さらに上から冬トリュフのスライスを散らして出来上がり!

甘くとろけるフォアグラとまったりとしたウ・ブルイエに冬トリュフの香りが、これでもか!とばかりに攻めて参ります!ああ、悩殺デレデレウンマイ-!!

 

ランド産フォアグラのソテー 冬トリュフのウ・ブルイエとともに

ムニュ・コンセイユ¥12000の前菜としてご賞味頂けます。

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス