美味しい日記~チーズのお時間 | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

チーズ・プラトー

 

こんにちは、カザマです。

今日はクリスマス・イヴ、皆さま楽しいイベントやプレゼント、特別なお出掛けと楽しいひとときをお過ごしのことと思います。カザマにお越しの皆さまにも美味しい時間をお過ごしなれますよう、シェフともども張り切っております。

クリスマス・ディナーのご予約は満席となりました。ありがとうございます。

この後、年末の営業は27日(木)から30日(日)までとなります。

27日(木)は都合によりランチタイムの営業は休ませて頂きます。ディナータイムは、通常営業致しまして、まだお席の余裕がございます。

29日(土)のランチタイムに若干のお席のご用意がございますが、他の日時はご予約で満席となっております。沢山のご予約をありがとうございました。皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

 

 

カザマではお食事の最後にお出しするチーズもご用意しております。数種類のチーズを盛り付けたプラトーをご用意して、主菜の後にお楽しみ頂けます。通常のディナーではチーズかデザートのいずれかをお選び頂きますが、ムニュ・コンセイユではチーズもデザートも両方お出し致します。

クリスマスのディナーでも皆様にチーズを召し上がって頂いておりますよニヤニヤウマイ!!

見慣れないチーズにとまどう方もいらっしゃいますが、どうぞ新しい味わいにチャレンジなさってみて下さいね!

 

チーズに合うワインとしまして、こちらをご用意しております。

とても希少な余市のドメーヌ・タカヒコさんのブラン・ド・ノワールです。

 

ナナツモリ・ブラン・ド・ノワール‘13                           1グラス ¥1200

余市町・登地区のドメーヌ・タカヒコさんのナナツモリ畑で収穫された灰カビがつき貴腐状態になったピノ・ノワールから造られたワインです。収穫期に長雨が続いたり低温になったり、葡萄にとってはあまり好ましくない天候の時に、灰カビがついてしまい実はしぼんで干し葡萄のようになってしまう事があります。通常のワインには適しませんので、選果の際に廃棄されるものですが、タカヒコさんではこの葡萄からワインを造っています。天候の良い時にはカビが付かないので毎年作られるワインではありません。このワインが作られない年の方が望ましいとは言えるのですが、逆境を逆手に取ったようなこのブラン・ド・ノワールは、非常に個性的な価値あるものに仕上がっています。

黒葡萄であるピノ・ノワールから造る辛口白ワイン、ブラン・ド・ノワールは、オレンジ色がかった琥珀色の色調で、ポルト酒やマデラ酒のような酸化熟成香、貴腐ワインのように濃度を感じる少しとろりとした口当たり、辛口のドライな酸味の中に貴腐のような甘さもあり、このワインはチーズと合わせたり、食後酒として楽しんでみて下さい。

こちらも滅多にお目に掛かれない貴重なワインです。ぜひこの機会にお試しください。

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス