美味しい日記~クリスマスが静かに始まって | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

ムニュ・コンセイユ・ノエル~アミューズ・ブーシュ

 

こんにちは、カザマです。

今年最後のイベント、クリスマス・ディナーが始まりました。

おかげ様で25日までのご予約は全て満席となっております。ありがとうございました!

満席なんですが、当店は小さな店ですし各テーブルは一組様だけのご予約をお受けしていますのでほとんどがカップル(2名様)でのお席なので、穏やかな時間が静かに過ぎていくいい雰囲気です。お客さまのご都合の良いお時間でのスタートでごゆっくりとお食事を楽しんで頂いております。

 

カザマのクリスマス・ディナームニュ・コンセイユ・ノエル 2018は、アミューズ・ブーシュのえりも産マツカワガレイのタルタル ビーツのソース キャヴィア から始まります。鮮度の良いマツカワガレイはとっても身が締まっていて、歯ごたえもシコシコして美味です。仕込んでいるシェフは、締まっているので固くて切るのが大変と申しております。タルタルに仕立てるには細かく刻まねばなりませんので、包丁を洗いながら時間をかけて丁寧に仕込みをしておりますよ。ソース・ムースリーヌと塩・胡椒で味をと調えセルクル型に詰めて丸く形作ります。上にキャヴィアを乗せて、塩とレモンを加えて立てたクリームと、ビーツのピュレにとリンゴ、赤ワイン・ヴィネガー、木苺ヴィネガーを混ぜたソースを添えました。深い緑色のお皿に白と赤のコントラストで、クリスマス・カラーに仕上げましたニヤニヤ

奥に見えるのは、卵焼きではありません(^^ゞ ガーリックトーストですよー。タルタルをお好みのソースと混ぜたりしてトーストの上に乗せて召し上がるのも、美味しいですよ!

 

前回ご紹介したシャンパーニュ、ランスロ・ピエンヌはもちろんお勧めですが、他にも色々ご用意しておりますよ。こちらの白ワインもホツカイドウの魚貝し好相性です。ぜひお試しください!

Shinga Bacchus (Shinga)

森臥 バッカス16             ¥6200   1/2デキャンタ ¥3300  1グラス ¥1100

名寄市・弥生の畑で収穫されたバッカス100%。醸造は栗沢の10Rワイナリーにて委託醸造しました。バッカスらしい甘い花の香り、柑橘の爽やかさを感じさせるすっきりした酸味があります。現時点で北海道最北のワイン用葡萄の産地のワインをぜひお楽しみ下さい。

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス