「彼方のアストラ」篠原健太 | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

 

マンガ好きの自分ですが、最近は週刊誌や月刊誌はまず買わないし、ネットで読める無料お試しなどもたまーに見てみる位で、面白いマンガ情報には疎いです。

オススメがありましたらぜひ教えて下さい!

そんな他力本願な自分に、ブログ友だちのある方からオススメ頂いたのが本作です。

検索してみると、コミックス5巻で完結しているので、一気読みしやすくまた購入しやすい冊数でありますことから、早速ネットで注文。サクッと読みましたニヤニヤ

 

SFマンガ、宇宙が舞台と設定も自分好みです。

しかしながら、ちょっとばかり購入を(一瞬ですが)躊躇させたのは、ご覧の登場人物たち着用の宇宙服です。未来のクラフトスーツは薄くて軽くて大変丈夫。宇宙空間に放り出されても、高熱・低温・真空から人間を守ってくれて、身動きも自由自在、着脱も(ヘルメットを含めて)一瞬にして出来るようです。

そんな素晴らしいスーツですが、、、。ある種のマンガに良くある、身体のラインが丸だしなタイプではありませんか。可愛い女のコ萌え、みたいな絵柄に、自分のようなオバサンが入っていける世界なのか?と

二の足を踏んだのは言うまでもありません。けれどオススメ下さったのは、自分と世代の近い方なのできっと大丈夫と思い切って購入した次第です。

 

前置きが長くなりましたが、本作はなかなかの名作です。良く練られたストーリー、後にきちんと回収される伏線や謎。その謎は非常にスケールが大きくて、SFを読む醍醐味に溢れています。

簡単にネタバレに触れずにストーリーを言うと、高校生のグループが見知らぬ宇宙空間に飛ばされて、そこで見つけた無人の宇宙船に乗って故郷を目指し幾つかの惑星を探検しながらの宇宙旅行、です。

この説明中だけでも、謎が沢山でしょ? なんで飛ばされたのか、その方法は。なんで偶然にもそこに無人の宇宙船が都合よくあるのか。高校生がどうして宇宙船を操縦できるのか。探検のスキルがあるのか。などでしょうか。

その全てが、ちゃーんときっちり理由があるのですねー真顔ウンウン、ナルホド!

 

古典的な「十五少年漂流記」的な面白さと、未来的なガジェットやシステム、そしてもちろん萌えキャラも

沢山登場。確かにキャラがそれぞれみんな魅力的で、可愛いです(オバサンにも)。

 

これ以上の詳細はネタバレになり、本作はもちろん何も知らない状態で読んだ方が面白いので、もう何も語りますまい。前5冊美本状態ですので、お読みになりたい方があれば、お貸ししますよウインクドウゾ-!

 

宇宙に冒険しに行く時代に再び生まれたいという希みはあるが、スーツは身体の線が出ないものも発売していて貰いたいもの(笑)

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス