美味しい日記~厚岸産・サロマ湖産 殻付き生牡蠣入荷! | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

厚岸産・サロマ湖産 殻付き生牡蠣 レモンとエシャロット・ヴィネガー添え

 

こんにちは、カザマです。ニヤニヤボンジュ-!!

11月「初冬の献立」にメニューが替わりましたので早速お知らせします~音譜

冬の美味しい食材が沢山入荷になりますよ!

カザマの冬を代表する食材として、産地直送の殻付き生牡蠣とエゾ鹿がございます。

どちらも北海道の良質な美味として、冬のお楽しみです。地元の方はもちろん、観光客の皆さまにも

ぜひ召し上がって頂きたいお勧め料理ですラブラブ

 

まず一番に牡蠣をご紹介いたしますね

カザマでは、冬の牡蠣は厚岸町・溝畑さんの「まるえもん」サロマ湖・五十嵐さんの「孤太郎牡蠣」をご用意しております。

 

厚岸の牡蠣は「まるえもん」や「かきえもん」、「弁天かき」など育て方の違う幾つかの種類があります。

「まるえもん」は宮城産の稚貝を帆立の貝殻に複数付着させて厚岸の海中に吊るし育てたものです。

漁師の溝畑さんとはもうずいぶん長いお付き合いになりました。小ぶりな殻にぷっくりと太った身の

「まるえもん」はあっさりした味わいで、つるりとした喉ごしを楽しみながら、幾つでも食べられそうな

クセになる牡蠣です。溝畑さんの「まるえもん」食べてから、牡蠣好きになったというお客さまも続出

なんですよウインクウフフ!!

 

サロマ湖・五十嵐さんにも毎年牡蠣を送って頂くようになってからもう10年近くなりますね。

「孤太郎牡蠣」は、種牡蠣をシングルシード(微小な貝片に1個ずつ付ける)で育てたものです。

塩分がしっかりして身質も歯応えもあり、噛むと海の養分が感じられる濃い目の味わいです。

孤太郎の孤は「孤独」の孤です。シングルシードから付いた愛称なんですってデレデレウマー!!

 

ぜひ、2種類の殻付き生牡蠣を食べ比べでお楽しみ下さいね!

レモンをぎゅっと絞るか、エシャロット入りの赤ワイン・ヴィネガーのお好みの方でどうぞ。

エシャロット・ヴィネガーは、フランスで生牡蠣を頼むと必ず付いてくる、牡蠣に本当に良く合う薬味です。

牡蠣のシーズンになると、せっせとエシャロットを刻む作業に追われるシェフです。

エシャロットは真狩村の三野農園さん直送のもの。

牡蠣も薬味も産地直送で、新鮮・美味です!

今年も沢山牡蠣を召し上がって下さいませ

 

厚岸町・溝畑さんの「まるえもん」 1個¥300

サロマ湖・五十嵐さんの「孤太郎牡蠣」 1個¥350

アラカルトは3個以上でご注文お願い申し上げます。

ディナーA¥4000・B¥6000の前菜としてもご賞味頂けます。

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス