美味しい日記~仔羊のアシ・パルマンティエ風 | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

白糠町茶路めん羊牧場産・仔羊と茄子のアシ・パルマンティエ風

 

こんにちは、カザマです。

大型台風25号が日曜日には北海道を通過しそうという予報ですが、心配なことですね。

秋の収穫もたけなわの時期、なんとか勢力が衰えて畑に被害が及ばぬよう、祈る気持ちです。

カザマの店先で鉢植えで育てているパッション・フルーツの果実も赤く色づいて参りました。

真っ赤になるまでもう少しです! 今年こそは沢山収穫しようと張り切っていたのですが、栽培下手なことと天候のせいか、またしてもほんの少ししか成りませんでしたが、日々大きくなり色づいて来るのを見ていると楽しいですねニヤニヤ

まだ緑のもの、色づき始めたもの、これから大きくなるもの、花の咲いた順番に育っております。

真っ赤になって収穫したらまたお披露目します。タイミングが合えばお客さまのお皿に乗せたいな、と思ってますよラブラブ

 

では、本日のお料理です。

白糠町茶路めん羊牧場産・仔羊と茄子のアシ・パルマンティエ風です。

今回は茶路めん羊牧場さんから9カ月のラム肉を頂きました。

いつものように部位ごとに分けて色々なお料理に仕立てます。筋が多くて固めな部位は煮込みなどに致しますが、柔らかく煮込んだ後、細かくほぐしてアシ・パルマンティエ風に作りましたよ。アシ・パルマンティエはひき肉をミート・ソースにようにして、マッシュ・ポテトを重ねて焼き上げるフランスの家庭料理(イギリスにもありますね)です。

今回はトマトと柔らかく煮込んでほぐしたラム肉にソテーした茄子も加えて、じゃが芋のピュレ、グリュイエールチーズを乗せてパルメザンも振って焼き上げました。

チーズがふつふつして香ばしい香りが立ち昇ります。熱々のポテトとラム肉、ソースをすった茄子がとっても美味ですよデレデレフウフウ!

ぜひ、お試しください音譜

 

白糠町茶路めん羊牧場産・仔羊と茄子のアシ・パルマンティエ

ランチA¥2100・B¥2500のお肉料理としてご賞味頂けます。

agneauさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス