美味しい日記~トキシラズのミ・キュイ | 食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

トキシラズのミ・キュイ、二色のアスパラガス添え

 

こんにちは、カザマです。

新生姜が出回り始めました。

新生姜のシロップを作りまして、、。

新生姜で作るときれいなピンク色のシロップになります。

炭酸で割った自家製新生姜のジンジャーエール(¥600)をご用意しておりますよ。

アルコールに弱い方やお車の運転をされる方にオススメです!ぜひどうぞ音譜

 

本日のお料理ご紹介はトキシラズのミ・キュイ、二色のアスパラガス添えです。

初夏はトキシラズの季節、そして道産ホワイトアスパラガスの季節でもあります。

トキシラズは「時知らず」の意味で、通常秋に産卵のため遡上する鮭を獲るのに対し、ロシアに向けて回遊中の若い鮭を北海道沖などで漁獲されるものをトキシラズと呼びます。未成熟なので、魚体が若々しく脂が乗って美味と珍重されています。身はとろりとして刺身やマリネでも大変美味しく、今月はマリネもご用意しておりますので後ほどまたご紹介させて頂きますね。

 

ミ・キュイとは、ミディアムに焼いたものと思ってください。生でも美味しいトキシラズをガッチリ焼いてしまってはもったいない。皮目や身の外側はこんがりと中は赤みが残る焼き加減です。トキシラズの上質な脂で香ばしく焼けていながら、身はほろりと柔らかに仕上げております。鮭にも良く合う赤ワイン・ソースを添えてキレの良い酸味でお召し上がり頂きます。

付け合わせには、旬を迎えたアスパラガスを添えました。ホワイトアスパラガスはただ今赤井川村産のハウスで遮光栽培されたものをご用意しております。グリーンアスパラガスとともに、瑞々しくシャキッとした味わいをお楽しみ下さいラブラブ

 

トキシラズのミ・キュイ、二色のアスパラガス添え

ディナーB¥6000・C¥8500のお魚料理としてご賞味頂けます。

agneauさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス