食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

エイリアン:コヴェナント

 

巨匠リドリー・スコット監督がメガホンを取った『エイリアン』シリーズの原点となるSFホラー。移住のため宇宙船コヴェナント号で旅立ったクルーたちが、ある惑星で遭遇した出来事を描写する。アンドロイドを『スティーブ・ジョブズ』などのマイケル・ファスベンダーが演じ、ヒロインを『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などのキャサリン・ウォーターストンが熱演。スコット監督が構築した世界観と衝撃の展開に絶句する。

宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組み……。

(シネマ・トゥデイより引用)

 

エイリアン・シリーズは、全て観ているエイリアン・ファンの我々夫婦、新作が来たとあって、大張り切りで早速にも映画館に出掛けたのでした。

本作は、プロメテウスの続編にあたるということでしたが、うーん、プロメテウスをもう一度観てから来れば良かったか。プロメテウスの自分の感想記事を読んでみたら、物凄く楽しんでいた様子でしたが(笑)、本作はちと難解でありましょうか(゚ー゚;

↓プロメテウスの過去記事はこちら

https://ameblo.jp/agneau/entry-11349958891.html

 

とはいえ、ストーリーはおおむね我々には面白く、熱中して鑑賞し、見終わって「面白かったな!」 「あれは、どういう事だったのかな?」 「そこはアレだろう」 「いや、こういう事だったのじゃないか」 などと、愉しいアフター鑑賞会も賑々しく開いていたのでありましたニヤニヤ

 

今回、最初に生まれたエイリアンの幼生体は、細い手足を持ってちょっと見人間の赤ん坊に似ていなくも無い、白い姿をしていて、二本の脚で立ち上がってすばしっこく走る。これが超キモーイ! ワタシ的には今までのエイリアンで一番気持ち悪かったですねー。特に白い所がっ チーン

 

さて、そんなキモいエイリアンは一体どこから来たのか。誰が創造したのか。人類の起源やら、生命の輪廻、DNAの継続、人間の尊厳やら、アンドロイドの存在理由、アンドロイドは人間を愛せるのか?、わたくしは何者?

バイロンやらシェリーやらの詩、ワーグナーの楽曲などを意味ありげに使って、重く暗く問いかけてくる・・・。

 

ああーもう、もっとスカッとしたアクション映画に仕立ててくれませんかっ!

 

と、少しは言いたくなりましたが、やっぱり我らエイリアン・ファン、またまた続編が来たら、観に行くのは間違いないですね(笑)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

agneauさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「映画」 の記事