食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

余市
余市町 ドメーヌ・タカヒコ・ナナツモリの畑にて葡萄収穫

来週日曜日から本格的な雪が降る、という心も凍る(笑)天気予報が出ておりますが、ただ今のところは心地よい秋の日々です。そんなお天気の良い休日に、葡萄の収穫お手伝いに出掛けて来ました。
余市


昨年、一昨年に続き、今年も伺ったのは余市町のドメーヌ・タカヒコさんの自社畑ナナツモリです。ここにはワイン用黒葡萄のピノ・ノワールのみが植えられています。全部ピノ・ノワールなのですが、クローンの違いにより、少しずつ性格の異なったピノ・ノワールがあり、収穫もそれぞれに合わせて日にちをずらせてしていきます。

余市
ずらりと並んだ垣根仕立ての葡萄たち。いつもこの風景を見るとうっとりしてしまいます。まるでフランスのブルゴーニュにいるような、ワタシにとってはとても非日常的な風景です。本当に美しい・・・・。

余市
この日は、30人近い方々がお手伝いにはせ参じていました。前日の雨の日と打って変わり、青空が広がり暖かくて、気持ちの良い日で、収穫作業もとても楽しくできました。

余市
10月に入ってから、豪雨や風台風、低温と悪天候も続き、春から順調に育っていた葡萄にとって厳しい環境の秋となりました。なるべく自然のままに育てているここの葡萄にはクローンの種によっては、灰色カビがつき、いわゆる貴腐葡萄になってしまうものもあります。貴腐になった実を房から選り分けながら、収穫していくので大変手間が掛かります。きれいな実の房を入れるコンテナと貴腐の実を入れるコンテナと2つを用意して収穫します。貴腐の葡萄は、ブラン・ド・ノワール(黒葡萄を絞ってジュースにしてから醸します。ちょっと赤い色合いのある白ワインとなります。)として、醸造されます。どちらも大事に収穫致します。

余市
一心不乱に作業中のワタシです(^-^; 腰かけているコンテナには灰カビのついた実を入れて、隣に置いたコンテナにきれいにした房をどんどん入れていきます。

もう10月も後半を過ぎていますので、収穫のスピードも重視の指示がタカヒコさんより出されていましたので、なるべく手早い作業を心掛けました。初めてお手伝いした一昨年は、大変厳しい状況で、選別に物凄く手間が掛かりました。自分の経験不足もありますし、寒い日でしたので、大変な作業だと思ったものでした。昨年は一転して、好天続きで葡萄の状態も良く、とてもはかどったのを覚えています。今年は、その中間くらいでしょうか。コンテナにして3箱半くらいの仕事でした。とても微々たる収穫量ですが、少しでもお手伝いできて嬉しい気持ちです。収穫した年のワインを頂くのは、かなり先のことになりますが、この収穫の時のお天気や葡萄の状態などを思い出しながら、グラスのワインをゆっくりと楽しませてもらうことになるでしょう。
地元のワインをこうして楽しめるのは、本当に幸せなことです

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

agneauさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。