食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

余市町・木村農園さんの葡萄畑にて

 

今年もやって来ました、葡萄の収穫の季節です。

毎年、どこかの畑で微力ながらお手伝いをさせて頂いておりますが、自分のお休みと畑の収穫予定が上手く合えば行ける、という感じなので、今回は木村農園さんに伺うことが出来ました。

 

お天気があまり良くなく、午後からは雨の予報も出ていたので、午前中勝負!で朝早くからの出発となりました。お友だちのイタリア料理店「カプリカプリ」のマダムの運転に同乗させて頂きました。道路も空いていて、思ったより早く到着、早速収穫に入りました。

 

実ってますねーニヤニヤ ここは、ピノ・グリの葡萄の樹です。

 

今日の収穫担当は、ピノ・ノワールです! 木村農園さんのピノ・ノワールはもう40年くらい前から栽培していて、品質では折り紙付きの、各ワイナリーさんからも引っ張りだこの葡萄ですよ(^-^)

 

ピノ・ノワールの房はとてもきれいでしっかりと実り、つまみ食いすると甘みも酸味もしっかりとあって美味しい~音譜 カビが付いたような実があれば、取り除いて収穫していきますが、そういう房は少なくてどんどんカートンに入れていけます。とってもはかどりました。

 

こちらは、取り除かねばならない実がある房です。灰色カビが付いた実、もうぐちょっとしぼんでいるような実、色づきの悪い実などはハサミの先で落としてからカートンに入れます。

 

カプリカプリのマダムと隣同士の列で、お喋りしながら摘んでゆきましたが、次第に収穫に集中しだしてついには黙々と作業していましたよ(^-^) 

 

午前中は雨も降らず、それほど寒くもなく、作業がはかどりカートンで十数個くらいは収穫出来ました。お手伝いは午前中だけで切り上げましたが、やはり午後からは雨になったので、午前勝負にして良かったです。

 

お手伝いのご褒美に葡萄の房詰め合わせを頂いて、大喜びです(笑)

少し黄色みがかった白葡萄はケルナー、青っぽい方がシャルドネです。黒葡萄がピノ・ノワール、赤っぽいのはピノ・グリ。

今週末にお越しのお客さまに少しずつ味見して頂こうかな、と思ってますよ。ご予約頂いている皆さま、お楽しみにね~ラブラブ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)